« ウォノギリ支線、運転再開! | トップページ | Batik Airで週末ジャカルタへ。 »

2015年3月18日 (水)

走れ新幹線。

我が国仙台で開催されている世界防災会議、インドネシアからはユスフ・カッラ副大統領が首席代表として出席しているわけなのですが、今日の当地全国紙「KOMPAS」(5面)には、この仙台へ向かう車内で寛ぐカッラ副大統領とユスロン駐日大使の姿がカラー写真で。
当然のことながらグリーン車…あれ、東北新幹線だけどグランクラスじゃないのね。偶々ちょうど良い時間帯に「はやぶさ」がなかったのかな。100か国以上の首脳級・閣僚級の出席がある中、グランクラスの車両も各国代表団で奪い合いになって、締め出されちゃったのかもしれないな。
Img2015031805090
東北新幹線の車内で寛ぐ副大統領…(左) 

しかも仙台という地方都市で、それだけの国の代表団の泊まるホテルが、特に中には王族もいるような、首席代表の泊まるようなスイートルームなんて街全体で何室あるのか、という状況下で部屋の奪い合い・せめぎ合い、調整に入る事務局のご苦労も察するに余りある。

ともあれ快適、定時運行の東北新幹線の旅を楽しんでいただいたカッラ副大統領、ジョコウィ大統領も近く訪日することが発表されているわけですが、残念ながらこの新政権はジャワ島東西高速鉄道計画については推進しない、ジャワ島のインフラには政府予算を充てないという方針を頑なに強調しているところ。
ユドヨノ前大統領と安倍総理との間の合意を受けてジャカルタ=バンドゥン間でFSを先行実施したのが全く無駄になってしまいつつある中、今回の乗車の機会を捉えて、然るべき人が同席して新幹線の有用性と国内経済開発において占めてきた役割というのをキチンと説明したりしなかったのでしょうかね…

|

« ウォノギリ支線、運転再開! | トップページ | Batik Airで週末ジャカルタへ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61302646

この記事へのトラックバック一覧です: 走れ新幹線。:

« ウォノギリ支線、運転再開! | トップページ | Batik Airで週末ジャカルタへ。 »