« シドトポの山にお墓参り… | トップページ | 4月1日ダイヤ改正(JABODETABEK色々)。 »

2015年3月29日 (日)

ダイヤ改正@スラバヤでも。

これはついでの話、なのかな。 来る4月1日にダイヤ改正があり、長距離列車・単距離列車とも時刻変更が行われる見込みのようです。

既にPT.KAI公式サイトには改正後の長距離列車時刻表が掲載されており、 照らし合わせたわけではありませんが、一瞥したところ、目新しいところでは、パサールスネン=ソロ・プルウォサリ間の「Jakatingkir」が 定期列車化されて載っていることや、スマトラ北部路線の 「Siantar Ekspres」や、西スマトラ路線の「Sibinuang」あたりがきちんと掲載されるようになったのは前進前進。
なんだけれど、ジャカルタ=メラク路線、バンドゥン近郊コミューター列車、ソロ=ジョグジャ=クトアルジョ間の都市間快速「Prameks」「Sriwedari」、メダン・クアラナム空港線や、近郊KRDI列車、スラバヤ近郊コミューター列車、ブリタールとを結ぶ「Penataran」「Dhoho」、スラバヤ=ジュンブル=バニュワンギ間の「Probowangi」「Pandanwangi」あたりは相変わらず無視。
どういう基準で載せたり載せなかったりしてるんだろうね。
Krdbarup1130526
我々の最新のサービスを味わってください!という仰々しい宣伝文句が躍る。

そのダイヤ改正で、スラバヤ近郊で目新しいニュースは、こちら、市内ウォノクロモ駅に掲示されていた横断幕によりますと、スラバヤから西に延びる北本線と、南に延びるマラン・バニュワンギ方面とを結ぶ市内のパサールトゥリ=グブン間の連絡線を走る列車として、先般初めて営業列車として走り出した「Jayabaya」号に加え、近郊コミューター列車が走り出すことになったということ。
運行パターンと時刻は、まあ写真のバナーのとおりなんですが、朝06:50にパサールトゥリ発でいきなりこの連絡線を通って、グブン経由でシドアルジョに07:44着、折り返し09:30発でグブン・パサールトゥリ経由で西のボジョネゴロに 12:35着。
これが13:35に折り返してシドアルジョに16:45着、最後に17:20発でパサールトゥリに18:16に戻っておしまいという運行経路。
始発のために市内北部シドトポから回送で来て、終了後もシドトポに戻るので、 都合3往復6回ここを通ることになりますね。スラバヤのシンボル、トゥグ・パフラワン(チビモナスみたいな英雄記念塔)と合わせてのシャッターチャンスも生まれることでしょう。

ところでこの列車、<New KRD>なんて書いてますが、どんな車両を使うのでしょう。新型?KRDIの増備車でしょうか。あるいは、バンドゥン近郊から追い出されてきた、古い日本製MCW302系かもしれません。まあ、元HYUNDAI製電車の「Arek Surokerto」ではないようです。こちら、2編成のうち1本は相変わらず休止中。もう一本は踏切で衝突事故でも起こしたか、↓こんな状態で放置されてましたので。
Arekp1130483
前面ガラスが割れ、落書きも痛々しい姿の「アレック・スルクルト」KRDE気動車編成。

|

« シドトポの山にお墓参り… | トップページ | 4月1日ダイヤ改正(JABODETABEK色々)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61357893

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤ改正@スラバヤでも。:

« シドトポの山にお墓参り… | トップページ | 4月1日ダイヤ改正(JABODETABEK色々)。 »