« 任務完了、帰ります。 | トップページ | マドゥーラ島に定期便就航! »

2015年4月25日 (土)

鉄道模型計画 MCW302系気動車 その1.

さて、先週末に新しい上司が赴任してきてようやくお留守番解除、なのですが、不在中はスラバヤ近郊から出られない立場の身、暫く前から温めて来ていた計画を徐々に始めてみることにしました(これまでは黙ってたんですが、少し形が見えてきたので、書いてみることにします。)。

というのも、中学生くらいまではグリーンマックスあたりに随分と私財を投げ打っていた、今では「インドネシア鉄道」な落花生。的には、これだけたくさんの列車が走り回るインドネシア鉄道なのに、地元の鉄っちゃんだって沢山居る国なのに、何故か鉄道模型についてはあまり活発な動きがみられないのを少々残念に思っていたところ。
当地で見られる模型というのは、HOサイズのディスプレイモデルや、1/120サイズのちょっと大きめのものばかり。日本で一般的な所謂Nゲージというのは殆ど見かけず、たまにネット上で見るのはJABODETABEKの中古電車好きな日本人鉄の方が、日本国内で販売されているNゲージ鉄道模型を小改造&塗装変更して作成しているのを見るばかり。

それはそれでいいんですが、拙著でも「JABODETABEKだけじゃない」と力説している立場としては、それ以外のものも欲しいところです。主役は長編成で次々走り回る電車でもいいけど、時折その中に姿を現す長距離客レや、フィーダー輸送に徹するローカル列車だって、脇役だって、仲間に加えて欲しいわけです。

そんな思いでいたところ、昨年末のある日、同僚のNさんが、模型化されていないはずのCC206型ディーゼル機関車と小窓アルゴ客車・バティック食堂車の模型を突然見せてくれたのに驚愕。なんでも、最近次第に話題になりつつある、しかも精度が急速に向上、価格が急速に下がりつつある3Dプリンターで作り出した自家製だというのにさらに驚かされました。こんなの、自作できちゃうの!?

早速ネットで情報収集、更に本邦から関係する本も買い込み、初心者向け無料CADソフトとでもいうのでしょうか、123D DesignをDLして作業開始。試行錯誤、四苦八苦しながら、取り敢えず一つ作りあげ、3Dプリンター出力を注文してみました。

Krdzumenimage2
123D Designを使って、こんな三次元STLデータを書きます。

Krd2040302104538650412_n_2
今回は比較の意味もあって、2社に作業をお願いしました。
こちらは、実家近く、都内中野のブロードウェイ地下にお店を構える「
あッ、3Dプリンター屋だッ!!」なる楽しい名前のお店で作業いただいたもので、サポート材除去前の状態。

Shapeways15040605149
データ送付からカード精算まで全てオンラインで済ませて待つこと2週間、こちらは世界最大の3Dプリント出力サービス「Shapeways」さんから送られてきた状態。梱包材多過ぎ感。

Krd15040605152
送られてきた状態です。アクリルの表面はプリント時に必要なサポート材を除去するための油膜でツルツルの状態なので、洗剤を足したお湯で綺麗に洗って、サフェーサーを塗る必要があります。

Krd15042605194rakit
取り敢えず仮組みして、KATOのキハ20の下回りに乗せてみた状態。日本製気動車MCW302系列に見えますか?

なのですが、やっぱり洗浄が甘かったのか、仮組みしたマスキングテープと共にサフェーサーもあっという間に剥がれてしまい、アクリルの地肌が見えてきてしまった。これでは塗装の乗りも宜しくないだろうし、コーティング吹いても、すぐに剥がれてしまいそうな印象。
またモールディングを綺麗に出すため4面に分解したキット形式でプリントアウトしてみたものの(縦位置の造形は、上部が出っ張る場合、その下にサポート材がつくので、その部分の表面が荒れてしまうのです。)、写真でも判るとおり歪みが激しく、一般のプラスティック用接着剤が使えないアクリル部品なので瞬間接着剤による固定も必要で、間違いは許されない状態。

ちょっとこれでは今後の塗装作業にも差支えるようだし、はてどうしたもんだろうか。
まだ暫く試行錯誤は続きそうです…
Porongkrd12081401686
これがモデルのMCW302系気動車なんですがね、それっぽく見えてくれればお慰みです…

|

« 任務完了、帰ります。 | トップページ | マドゥーラ島に定期便就航! »

コメント

おっとっとさま、
こちらこそご無沙汰しておりますー。BD-AA会議、老体にムチ打って働いて参りました。疲れが取れませぬ・・・
拙作御笑覧いただきありがとうございますです。パクアン急行様のは、プロの方が作られたものですから、素人の手習いに過ぎない私の方は足元にも及びませんが、なにせ「創る楽しみいっぱい!」で育った我々としましては、例えお粗末な出来であっても、その製作過程も含めて楽しめればと思っております・・・ 

投稿: 落花生。 | 2015年4月28日 (火) 23時03分

こんばんは、どうも御無沙汰しておりますが、無事BD会議も終了し、相変わらずのご活躍何よりでございます〜。
それにしてもこれ、板キットとしてなかなか良い感じではないですか!!
私などは、パクアン急行様からお売り頂いたRheoキットを、果たしてどう作ったものか考えあぐね(と申しますか、最近模型いじりのヒマがなく)、どうしたものかと途方に暮れているところです (笑
瞬着仕事は神経を使いますが、引き続きの進展を楽しみにしております!

投稿: おっとっと | 2015年4月27日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61499027

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型計画 MCW302系気動車 その1.:

« 任務完了、帰ります。 | トップページ | マドゥーラ島に定期便就航! »