« 石の教会@クディリへ。 | トップページ | スラバヤ(の南)にBRT登場! »

2015年4月10日 (金)

ロコ・カフェ、スラバヤ駅に開店!

国鉄PT.KAIの公式Twitterを見ていたら、今日この10日に、ここスラバヤ・グブン駅に「Loko Cafe」がオープンするとのこと。
この鉄道系の香りがプンプンするカフェ店舗、去年末頃よりスマラン・タワン駅やジョグジャカルタ駅などに開店しているもので、一瞬以前主要駅(バンドゥンやマディウンなど)にあった「レールショップ」という鉄道系お土産品などを売るお店、これは既に各店舗とも撤退してしまっているのだけれど、この再開かと期待したのだけれど、画像や書き込みコメントなどを見るに、どうやらそういうものではなさそう。
150410lokocafe05155
本日開店!ということでお祝いの花輪が並ぶ店舗の前。

単に鉄道の駅の、駅舎内に位置し、列車を眺めながら軽食をとったりお茶を飲んだりすることが出来る、というもののようだ。まあそれもいいだろう。スラバヤの駅ではジャカルタ近郊のように頻繁に列車が行き交うわけではないけれど、停車している ものも含め、トレインビューのお店でお茶しながら本でも読むというのもまた一興だろう。

そんなわけで、営業開始初日となる今日、事務所からクルマで5分ほどのグブン駅にお昼ごはんがてら出掛けてみることにしました。
さて、東口、優等列車が発着する方の駅に着いてみたのだけれど、どうもそのようなものは見当たらない。聞いてみると、中の待合室側だという。
駅舎の内側に入ってみると、左手のオープンスタイルの待合室の先、改札口の脇に、真新しい白い小洒落た建物。と、その前にはつい先ほどまで 式典でもやってたと思しきテントと、片付け中の店員の方々。
150410lokocafe05157
レンガ風の壁、床のタイルなど、デザイナーが頑張った感のある店内。

中に入ってみると、大きなガラスの明るい店内にはカラフルなタイルの床と、レンガ風の壁、木製の椅子。 声をかけて来た国鉄PT.KAIの女性スタッフによれば、 このお店は子会社のReska、列車の食堂車や車内販売を受け持つ会社の経営の由。
食事メニューを見せて戴くと、ナシゴレンなどの一般的なメニューの他、スラバヤ料理でもあるラウォン、オランダ料理なのかな、コルドン・ブルー、車内で食べるのがお気に入りのズッパズッパ(スープ)、オムレツやスパゲッティなどが並ぶ。 甘いものがお好きな某M井教授向けにはパンケーキやワッフル、バナナスプリットなどデザートも何種類か。
150410lokocafe05158
メニューは、まあフツー、かな。食堂車よりは若干豊富な印象。

初日の今日は式典終了したばかりでまだお客さんは入ってなかったし、昼休みの間に発着したのはローカル客車列車一本だけだったけれど、普段この時間帯には数本の長距離列車の発着もある筈。また時々覗きに来てみることにしようかな。
あ、ちなみに店内ですが、やっぱり鉄道お土産品の販売はありませんでしたが、何故かイグナシウス・ヨナン前国鉄社長の著書が数冊並べられていました。やっぱりこの人、ナルシストなんだよなあ。

150410lokocafe05159
(前)社長の著書が並ぶ。一杯刷って売れ残ってるのか(笑)

|

« 石の教会@クディリへ。 | トップページ | スラバヤ(の南)にBRT登場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61424712

この記事へのトラックバック一覧です: ロコ・カフェ、スラバヤ駅に開店!:

« 石の教会@クディリへ。 | トップページ | スラバヤ(の南)にBRT登場! »