« ナンボ支線、ようやく。 | トップページ | バライヤサ・マンガライ、久々。 »

2015年5月15日 (金)

巨大屋外レイアウトを楽しむ@バンドゥン近郊。

さて金曜日。今日は朝06:30発のアルゴ・パラヒャンガンにてバンドゥンへ向かう予定なのだが、昨晩遅くになってネットで予約したキップを印刷するのを忘れていたのに気付いた。
こちら、出発の一時間前までに印字しないと予約がキャンセルされてしまう(そして支払済の金額は戻ってこないか、払い戻しに大変な手間と時間がかかる)のです。
その、昨晩気づいた時は既に夜、デポック方面へ向かう電車の中。電車駅には「Cetak Mandiri」 こと自動印刷機はないので列車駅、例えばガンビル、パサールスネンといった各駅に行かなければ ならないのだけれど、これは24時間開いているわけではなく、その駅を出発する列車のある 時間帯に行かなければならないというのが面倒。特に、朝の4時台から動いている始発列車に乗ろうと思うと、1時間前にはまだ開いてないこともあるのだそう。
今日は幸いにもそんな早い時間帯ではなかったので、他省早起きして1時間以上前にガンビル駅に 着くことが出来たので事なきを得ましたが、ちょいと面倒ですね。10分前くらいまではやってて欲しいですね。

それはさておき10時過ぎに到着した本日のバンドゥン。駅北口地確保のホテルに荷物を預け、向かったのは北のレンバン。休日となればいつも混雑の激しいバンドゥン市内近郊ですが、今日は一段と激しく、ダゴの教育大学の前あたりからはもう動いたり止まったりの繰り返し。結局2時間半以上かかってようやく到着したのはこちら、バンドゥン随一の観光地タンクマン・ プラフ(火山の火口で、温泉もあります)に向かう途中の通過点で普通はあまり訪問する機会 のない街なのですが、こちらにある「フローティング・マーケット」なるテーマパーク的施設です。
勿論そんな普通の観光地であればわざわざこんな辺鄙なところまで来ません。ちゃんと目的 はあります。それがこちらです。
Fmp1130844
Taman Miniatur Kereta Apiと称する、1:24スケールの巨大鉄道模型レイアウト。

Fmp1130830
郵便局がスポンサーなのでしょうか、実際には存在しない「Pos Express」なる列車や立て看板がそこかしこに。

Fmp1130834
プルワカルタ=パダララン間がモチーフになっているそうで、こちら、チラメ駅の由。

Fmp1130868
列車が見え易いように透明屋根のパダララン駅には、緑と青の塗装の列車が。機関車もCC201とCC203の両形式が揃う。

Fmp1130862_2
こちらは沿線のハイライト、チクバン橋を渡る列車。

Fmp1130876
トラバーサーを備えた車庫兼運転管理施設(?)には、CC300型機の姿も。

Fmp1130873
雨天時の来客対応用に、Nスケールのレイアウトも鋭意建設中。

Fmp1130881
あ、このフローティング・マーケットですが、本来はこういう、池の周りの船の上に設けられた屋台で色々食べ物を買って食べたりしながら一日楽しむ施設ですので、念のため。

|

« ナンボ支線、ようやく。 | トップページ | バライヤサ・マンガライ、久々。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61639270

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大屋外レイアウトを楽しむ@バンドゥン近郊。:

« ナンボ支線、ようやく。 | トップページ | バライヤサ・マンガライ、久々。 »