« スラバヤ空港(等)、閉鎖! | トップページ | 仕切り直しでバリへ。by NAM AIR. »

2015年7月17日 (金)

空港閉鎖で休暇出られず・・・(涙)

空港閉鎖が解除になったという情報なきまま、朝6時の空港閉鎖解除を期待して早朝からタクシーで空港へ、そして案の定・・・
Sj15071705356_2
ガーン😨 Aduhhhhh... キャンセルきゃんせるCancelledの嵐...
当方のNam Air(Sriwijaya Airの子会社)便デンパサール行きはキャンセルと書かれてないけれど、当然全便欠航です…

伺うに、空港閉鎖は今日の12時まで延長になった由。あーぁ。今日はデンパサールでの乗り継ぎ時間は2時間ほど。12時に閉鎖が溶けて飛んだとしたって、まあ無理な訳ですな。
というわけで、今日目的地に到達出来ないのは確定。さてどうなるかな。
Sjdsc_0328
並ぶのも嫌になる長蛇の列だが、仕方ない…

今回は目的地に2泊、帰りにデンパサールで1泊という予定なんだけれど、1泊だけでも行けるのなら行ってきたいところ。
取り敢えず空港内のSriwijaya航空のオフィス前の長ーい行列に並ぶこと1時間ほど、それでも30人はいたかと思われる乗客をそれなりに頑張って捌いてくれたスタッフの方々、「どうしたいですか?」という漠然とした質問、前提条件を色々確認した上で判断しなければならない状況下、たどたどしく喋ってる外国人の話を真剣に聞いてくれました。然るに、

明日の同じルートは満席で乗れないこと、明後日なら飛べるけれど、それだと飛んで行ったのと同じ飛行機で帰ってくることになるので、帰路も1日伸ばすことにしたら、…そちらはレバランからの戻り客で満席。
そっか、じゃあ今回は無理かぁ… 諦めるか。
Sjdsc_0330
昨日市内のオフィスで“シティ・チェックイン”した搭乗券(左)を前に、職員のお姉さんが奮闘中。

じゃあ、諦めてキャンセルするとどうなるのかな? ・・・返金、但しスリウィジャヤ航空のバウチャーで、とのこと。まあ、これはそうだろうな。前回(クルッド山の噴火で出張者が帰れなくなった時)もそうだったもんな。 
折角なので、デンパサールだけでも行ってくることにすると ・・・同社のSUB-DPS間は1日2便あるんだけど、明後日19日であれば、朝晩とも空席有り、変更可。帰路は20日の戻りのフライト、当初夜便は満席…と言っていたのだけれど、電話で確認してくれた上で、当方手持ちの予約の一部区間のみを活かせるというお返事。よーし、じゃあそうするか。
Sjdsc_0333
新しいE-ticket航空券の写しと、Sriwijaya Airのバウチャー。昔の航空券って、皆こんな感じでしたよね。

で、火山噴火による不可抗力ということで、デンパサールから先の(火山とは関係ない)区間も、不可抗力の一環ということで無手数料払い戻ししていただける由。おやありがたや。
途中無手数料払い戻しのためのコードが通常とは異なっているらしく、少々手こずってましたが、見てると「EVCGNR」なんてコードを打ち込んでました。これって、「Erupsi VolCano GuNung Raung」か?(笑)

というわけで、思ったより順調に、今回手持ちの総額からスラバヤ=デンパサール間往復運賃を差し引いた分が同社のバウチャーで返還され、ヤレヤレ。

ジュアンダ空港自体の方ですが、一度9時に開きます!というアナウンスが流れたものの、その後一向に離発着の動きはなく、それでも職場やジャカルタの同僚など関係者に日程変更を報告して、朝御飯食べたりしながら待っているうちに、結局ようやく10:50頃に空港が再開されるのを待って確認・報告した上で、スゴスゴと帰宅。あーぁ...
Subdsc_0334_2
10:50、定刻07:20発のLion Air、バリクパパン経由タラカン行きが再開初便となりました。 

|

« スラバヤ空港(等)、閉鎖! | トップページ | 仕切り直しでバリへ。by NAM AIR. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61901992

この記事へのトラックバック一覧です: 空港閉鎖で休暇出られず・・・(涙):

« スラバヤ空港(等)、閉鎖! | トップページ | 仕切り直しでバリへ。by NAM AIR. »