« ラウン山噴火の影響、拡大。 | トップページ | ヒヤヒヤしましたが、ジャカルタへ。 »

2015年7月11日 (土)

鉄道模型計画その4. JNMA出展しました!(笑)

さて先日からちょこっと書いては続報の続かない3Dプリンターによるインドネシア鉄道模型ですが、この度、なんと「JNMAフェスティバル」に出展させていただきましたー!(笑)

これ、スミマセン。嘘ではないのですが、とっても、勿論長ーい説明が必要です。JNMA即ち「日本Nゲージ・モデラーズ協会」様では、毎年1回、Nゲージ鉄道模型・部品を製造している事業者様、それもTOMIXやKATOといった大手ではなく、ガレージキット・メーカーに近いようなマイナーな車両やニッチなグレードアップ部品を作っているような製造業者・ショップの展示即売会的なイベントとして、この「JNMAフェスティバル」を都内浜松町の東京都立産業貿易センターで開催しており、先週日曜日5日開催された今年は、既に第21回になるのだそうです(その昔、1,2回見に行った事がありました。)。
Jnma8_n
会場内の「CAD鉄」様のブース全景。

こちらに、先般このインドネシア鉄道模型の3Dプリンター造形にあたりお世話になった、一度3D-CADの講習会にも参加させていただいたことのある、当方地元の中野、ブロードウェイにお店を抱える「あっ!3Dプリンター屋だ!!」さんというか、 組織としてどういう関係なのかはよく判らないのですが、グループで活動しているらしい「CAD鉄」のリーダー?のS藤様がこのJNMAに出展する事となり、その際にご縁のあった個人モデラーの方の作品も合わせて展示していただけるとことでお声がかかり、当方で作成したデータを幾つかお送りさせていただいた次第なのでした。説明長いね。
Jnma4_n
上を走っているのはプラレール? 展示されていた3Dプリンター。これは個人で買えるレベルなのかな。

勿論在外在住の身としては残念ながら見に行くことは出来ませんでしたが、事後当日の展示風景の模様をお送りいただいたので、御紹介させていただければと思います。

「CAD鉄」様の展示スペース全体はこんな(一番上の写真)感じ。中央の「旧米沢工業高校校舎」(米沢駅舎のモデルだそう。この出来は驚愕です。勿論一体造形ではなく、部品の組み合わせですからなおさらスゴい)や、重巡洋艦「愛宕」のモデルが目につきます。他にも、潜水輸送艦「まるゆ」や二式大艇なんて展示もあり、ちょっと鉄道模型の範疇を外れてる気がしなくもないですが、3Dプリンターの可能性をアピールするという意味では、まあアリなのでしょう。
Jnma3img_0151
鉄道車両模型だけでなく、軍艦、飛行艇、ストラクチュア…何でもいけますね。

他には、3Dプリンターで造形した射出品の積層痕を消して磨くためのサンドペーパーの一種なのでしょうか、Mipox社さんの研磨フィルムの新製品の展示などがあったようです。
Nゲージ鉄道模型関係の作品としては、「CAD鉄」様渾身の大作・JR九州の「ななつ星」フル編成や、ロンドン地下鉄「チューブ」車両、いすみ鉄道の「300型」、天浜線の「TH2100型」気動車、そしてオランダ出身の方が描かれたユトレヒト市電!などなど。そんな中に混じって拙作インドネシア国鉄のCC203型機関車と客車2種、KRD気動車の4両をプリントアウトして、実際の車両写真や、恥ずかしい事に拙著「インドネシア鉄道の旅」まで一緒に並べて展示していただいたとのこと。
Jnma6_n
この校舎は見事! 手前はピントが合ってませんが、JR九州の「ななつ星」ですね。

日本の鉄道ファンは概して国内物に関心が高く、特に模型では製品が販売されていなければお話にならず、どうしてもヨーロッパやアメリカ型を愛でる方々が少数いる程度。

とはいえ最近では台湾鉄道車両についてはかなり質の高い製品が輸入販売されているようで、時折タイ国鉄の日本製気動車(THN系列)を作るためのキットや、インドネシアに輸出された中古電車の現地仕様用のステッカーなども手に入るようになってきました。
今回も、「CAD鉄」様のブースに足を止め、当方の作品にも関心を持たれた方が幾名かいらっしゃったとの事。当方のものはまだまだ試行錯誤中で、居並ぶベテランさん達作成のフルスクラッチ模型や、ガレキメーカーさんの素晴らしい細かいところまで作り込めるような製品・部品には全く比べものになりませんが、「人と同じ物ではつまらない」「誰も持っていない物を」という志向の個人モデラーの方々には、3Dプリンターによる造形というのは、可能性が大きく広がるということを共有出来たのであれば幸いでした。
Jnma1_n
恥ずかしながら拙著と、拙作の試作品まで展示いただいて・・・ お恥ずかしい。

|

« ラウン山噴火の影響、拡大。 | トップページ | ヒヤヒヤしましたが、ジャカルタへ。 »

コメント

台湾形車両は、<台湾からの輸入だけではありません>、<日本で設計製造したものも、多々あります>
蒸気機関車とか旧型客車などそうです。

あと1/80 9mmの阿里山森林鉄道、製糖会社線などです

投稿: bireitor | 2015年9月 6日 (日) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/61872250

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型計画その4. JNMA出展しました!(笑):

« ラウン山噴火の影響、拡大。 | トップページ | ヒヤヒヤしましたが、ジャカルタへ。 »