« 本日のトレインビュー・ホテル(スディルマン駅近く) | トップページ | やっぱり新型機じゃなかった・・・ »

2015年8月18日 (火)

中国高速鉄道展@ジャカルタ。

さて今回も日本からの友人(第一趣味、第二趣味(笑))と色々お付き合いしたのだけれど、ネタになりそうなのはこちら、かな。先般ちょっと書いたとおり、中国が強力な勢いで攻勢をかけているジャカルタ=バンドゥン間の高速鉄道、これの市井へのアピール目的でこの一週間、ジャカルタ市内スナヤンのモールで、中国高速鉄道に関する展示会が開催されているので、ここは敵情視察、覗いてみることにしました。
Crhdsc_0441
右の奴は、もう運用に投入されてるのかな?

モールの1階(日本式2階)の吹抜けの大ホールに設けられた展示場に足を踏み入れると、先ず目につくのは各形式の高速鉄道電車「和諧号」の大型模型。
中には少しオレンジ色がかった“ドクターイエロー”の姿も。我が日本のJR東日本E2型ベースのものは見かけなかったのは、対向心か突っ込みを恐れての事か。
Crhdsc_0437
ドクターオレンジは、車内の造りも見せられるように一部が切りかかれています。

会場の両側には大画面テレビが設けられ、片方では英中両語の字幕が入った中国各地の高速鉄道の光景を映し、反対側には運転台シミュレーターを設け、来場客に操作させてみたりしていましたが、スタッフが話しているのは中国語。中国国鉄のスタッフがやって来て、話を聞いているのは当地の華人か。
Crhdsc_0436
シミュレーター。ちょっと遊んでみたい気がしなくもなくもない。

そして周辺には展示パネル色々。こちらは中・イ両語で説明が付されています。
眺めてみると、急速な路線延長を経てもはや世界の高速鉄道の半分以上は中国に建設されている・・・ 確かに物凄い勢いで建設が進みました。北は哈爾浜、西は烏魯木斉、南は広州香港、そして雲南省の奥地まで。
流石に国家予算を湯水のように投入し、土地収用に何の苦労もしないで済む国のやれることはスピードが違います。
Crhdsc_0445
世界最長の橋梁…そうなんだ?

他にも、蘭州敦煌から新彊に向けて建設された砂漠の中の線路や、冬は零下30度近くまで下がる黒竜江省まで、過酷な自然の中で走る高速鉄道の数々の写真、
更には地震の初期微動を感知して運行中の車両を停止させることが出来るなんて、日本のお株を奪うような展示も。
Crhdsc_0442_2
P波を感知して・・・ふむふむ。中国でもそんなシステム導入されていたのか。

他方で現在話題となっている、ジャカルタ=バンドゥン間の高速鉄道については、概要や路線図、想定されている駅や車両の姿、などは一切展示物がありませんでした。
この展示類は、他所で使っているものを持ってきただけなのか、間に合わなかったのか。
なので、この展示内容自体は取り立てて攻撃的なものではありませんでしたが、
まあ、日本人的にはあまり面白くないですわな。
Crhdsc_0438
ホンの10年ほど前はまだ、苦労して並んで緑皮車の切符を買っていたのが隔世の感。

|

« 本日のトレインビュー・ホテル(スディルマン駅近く) | トップページ | やっぱり新型機じゃなかった・・・ »

コメント

彼らは曲線を速度をあまり落とさないで走らせる、制動距離を短くする、という発想がないですね。

”汽車”という概念なのだと思います。

投稿: bireitor | 2015年9月 6日 (日) 16時52分

いずみ中央さま、
こちらこそはじめまして。コメントありがとうございます。
中国高速鉄道の建設と運営で鉄道公社にそのような巨額の赤字が発生しているとは知りませんでした。規模が大きいだけに、桁違いの数字ですね。
彼の国の鉄道は、わからないことも多く興味深いところも多いですが、そもそも政治的意図から建設されている路線も多く、利用者の立場・視点など、二の次以下なのでしょうね。

投稿: 落花生。 | 2015年8月29日 (土) 23時27分

初めまして 何時も楽しく拝見して居ります

中国が急速に路線網を拡張したのは事実ですが、高速鉄道には建設費用と維持費用が掛かっていて2014年上半期の鉄道公社の累積赤字は58兆円だそうです。
赤字でも利用が多いのであれば存在意義が有りますが、運転本数が少なく途中停車駅が少ない不便な鉄道の様です。
どうして沿線住民に使い易い鉄道にしないのか理解に苦しみます。

投稿: いずみ中央 | 2015年8月29日 (土) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/62168255

この記事へのトラックバック一覧です: 中国高速鉄道展@ジャカルタ。:

« 本日のトレインビュー・ホテル(スディルマン駅近く) | トップページ | やっぱり新型機じゃなかった・・・ »