« 鉄道模型計画その6.日本車輌製KL3-86系電車(ショーティ) | トップページ | 夏休みは南ベトナムへ。 »

2015年9月 3日 (木)

鉄道模型計画その7. 日本車輌製KL3-78系電車(ショーティ)

その6.で書いた86~87年製電車に続いては、その1世代前。1978年~82年頃にかけてジャカルタ首都圏電鉄に投入された 日本製電車です。

一番最初に1976年に投入された電車を作りたいところなのですが、こちらは2扉…な分にはショーティだしそれは構わないのですが、低いホームに合わせて深いステップが設けられているのがミソ。というか、難しいところ。
あんなステップをつけると、台車と干渉してカーブ曲がれなくなっちゃうのです。 という技術的事情もあって、高床式ホームに対応した ステップの少ない第二次車・三扉となった1978年以降に導入されたものをプロトタイプとしてみました。 色は前回のKL3-86型と同じく、今から10年ほど前、2005年頃のオレンジ色に黄帯にしてみました。
Kl37815083005448
窓ガラスを入れていないので、車体内部が少し見苦しいですね。側窓上のルーバーは、3Dプリンターで上手く出ました。

そういえば、昨日9月2日は、1976年にこのジャカルタ首都圏 に日本製電車が投入され、公式に運行を開始した日なのだそうです。昨日の全国紙「KOMPAS」には関連記事(残念ながら写真なしでしたが)が掲載されており、それによると、当時の国鉄 PJKA(Perusahaan Jawatan Kereta Api) によりボゴール=ジャカルタ間にてこの日(実は9月1日から運転されていたという記録もあり)運行を開始されたKRL電車、午前10:45にボゴール駅を出発した記念列車は、 ジャカルタまでの間を47分(ママ)で結んだそう。
Jabocimg3004
記事に記載されている当時の時刻表によると、ボゴール発が05:43、06:30、10:45、 コタ着はそれぞれ07:04、07:45、12:04。あれ、47分じゃないじゃん。
下りはコタ発09:06、13:00、15:00.16:06で、ボゴール着が 10:25、14;24、16:21、17:25。うん、この下り列車の時刻の方がなんか信頼できるか…だけど、上りと下りの本数が違うという点で ちょっと?な感じだな。
折角の記事なんだから、この辺は キチンと書いて欲しいなあ。
Kl37815083005453
こちらも3両編成で作ってみました。排障器の関係で、連結器はダミーになってます。

列車は4両編成。この電車列車に加え、6本の貨客混合列車 …ボンボンのような電気機関車牽引だったのでしょうか、が運行されていた由。魚とかクルプック缶を運んでいたって、そんな情報まで。

全体としてちょっと今一つ信頼度に欠ける記事ですが、運転本数、こんなに少なかったんですかね、当初は。KL3-76型は4連5本計20両が導入されているので、もう少し運用組めそうな気がしなくもないですが…
もしどなたか詳細御存知でしたらご教示いただければ嬉しいです。

Rpict10023
ホントはこんな細線2本だったんですけど、ちょっと私には無理、かな。誰かデカール作っていただければ(笑)
Pict1500
あ、乗務員ドアもステンレスだったか!

|

« 鉄道模型計画その6.日本車輌製KL3-86系電車(ショーティ) | トップページ | 夏休みは南ベトナムへ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/62212975

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型計画その7. 日本車輌製KL3-78系電車(ショーティ) :

« 鉄道模型計画その6.日本車輌製KL3-86系電車(ショーティ) | トップページ | 夏休みは南ベトナムへ。 »