« 鉄道模型計画 小型レイアウト編その3。 谷 | トップページ | 鉄道模型計画 小型レイアウト編 その4。 山とトンネル »

2015年10月31日 (土)

トランス・シドアルジョ、お試し。

このブログにスラバヤの南隣のシドアルジョ県にBRTが導入されるという話を書いたのは、去る4月の話。
もうバスも揃っており直ぐにでも運行開始されるのかと思いきや、同じスラバヤ市南部=シドアルジョ間即ち競合路線を運行するアンコッ(スズキ・キャリーなどの小型ミニバンや軽トラ改造の乗合ミニバス)の組合が大反対・抗議デモなどを繰り返したため、漸く運行開始にこぎ着けたのは確か8月だったか。
その後乗りに行く機会がなかったのだけれど、遠出は出来ないお留守番中のこの日、夕方友人の空港出迎えがあってそちら方面にちょっと出ることになっていたので、足を伸ばしてみようかな、と。
Transp1160473
ポロン・バスターミナルの専用ホームで発車を待つ新型BRTバス。

そんなわけで、向かったのはシドアルジョ県南方のポロン。スラバヤから南に延びる鉄道路線のコミューター(といっても一日の運行本数は数本という、とても近郊交通としては成り立っていない)ディーゼルカー列車の終点でもあるため、そこそこ有名な駅(?)。
その駅前からスラバヤとマラン・プロボリンゴ等を結ぶ幹線国道に出て、少し南に進んだ三叉路を右折(西方向)し、数百m先の軍の施設の向かいにあるのがポロンのバスターミナル。その一角に、真新しいガラス張りの専用ホームが設けられ、数台のバスが出発を待っていました。
Transdsc_0193
ホームドア?つきの高床ホームから、バスに乗り込みます。

このトランス・シドアルジョと称する東ジャワ州初の“BRT”バス路線、このポロンからシドアルジョ市内中心部(一方通行が多いので、上下路線で停留所が異なります。)を経て、シドアルジョのICから高速道路を走り、ワルICで下り、スラバヤ南部の長距離路線のターミナルであるプラバヤ(ブングラシー)のターミナルまでを結んで走ります。スラバヤ側のターミナルは、スラバヤ市を出て直ぐ南のシドアルジョ県側に設けられており、路線自体はシドアルジョ県内で完結しています。なんか縦割り行政の弊害の香りを感じるね。
Transdsc_0194
車内はこんな感じ。戸袋部分の出っ張りは、電車もそうだけど、なんとかならんもんかね。

バス自体は、基本的にジャカルタや他の街の同様の“BRT”と同様の、トラックのシャシーに国内のボディメーカーが架装した大型車で、中央部の左右に高床式ホーム対応の両開き扉を設けたもの。
これによって高床式のホームからステップレスで乗降ができるバリアフリー・・・を目指しているわけなのですが、ホームの出入りの側が必ずしもスロープになっておらず階段になっていて、車椅子などでの乗降が困難な停留所が多いのは若干片手落ちか。
そして国営バス会社DAMRIが運行するこのバス、一番の問題は、ジャカルタのそれとは異なり、専用レーンを走るわけではないので、渋滞知らずの定時運行が確保されているというわけではないのです。
こういうものを“BRT”と呼ぶのは本来の意味からすると抵抗がありますね。そういえば日本でも、新潟のそれも同様の批判があるようですが、それでも優先信号など施設関係で、少しでも定時運行しようとの努力がなされているようですが、こちらのはそういうことも一切無し。
Transdsc_0199
ちゃんと切符も出ます。車掌が懐に入れたりしませんの。

まあ、定員も関係なく詰めるだけ詰め込み、乗客が一杯になるまで出発しないといった従来の“途上国型”の交通機関から、(少なくとも始発では)時刻表どおりに出発し、エアコン完備、乗車券もキチンと発行される(これまでのものは、運転手がオーナーから日々クルマを借り、運賃収入から使用料金を払い、ガソリン代を払い、その残りを運転手(と車掌)が手にするというシステム)、“近代的”な運行形態をとるコミューター・バスがようやく始まったという点を良しとするのでしょう。
Transdsc_0200
各停留所はこんな感じの高床式のシェルターが設けられています。

さて15分間隔ほどでの運転となっている模様で、程なく運転手と車掌が乗り込み、出発。
幾つかの停留所に止まりながら北上し、シドアルジョ駅前を通過(停留所は数百m北側のモールの前が最寄りか)、市内中心部を抜ける頃には一通りの座席が埋まる程度の乗車率となりました。
Transdsc_0202
うーん、前輪を乗り上げないと、中ドアをホームにつけられないですよね。

中には、うーん、言葉じゃ説明しづらいな。写真(↑)を見て戴こうか、道路の舗装部分が切れ欠かれる隅の部分に停留所のホームを設けたため、バスの中央部ドアをホームに寄せられないような設計ミスの停留所があったり(移動式のタラップを隣に置いて対応)、そういえば運行開始初日の様子を伝える新聞(↓)によると、停留所の脇に生えた(そっちが先からあるんだけれど)木がバスの車体に触れてしまう為に使用出来ない停留所ってのが報じられていましたが、しかし誰も気付かないもんなのかね。前日までに試運転とか、してみないのかね。
12191919_913366365419042_3554037471
木が邪魔なんです…(上)

そんなわけで、高速道路に乗ったバスは前のクルマを煽りながら快走、市内側に向けた通勤ラッシュとは逆方向ということで渋滞もなく、無事にプラバヤ・ターミナルに到着。
しかしこちらも停留所のホームには寄せられず、運転席脇の前扉から階段を降りて下車。
まあ、あり得る話ですが、降車専用ホームを設けたりするべきものだと思うのですがね。
Transdsc_0203
高速道路を快走。あれ、立客がいても高速走っていいのかな?

ところでこの路線、シドアルジョ側からスラバヤ市方向へのほぼ一方的な通勤ルートでもあり、プラバヤ付近にバスターミナル以外の集客力(?)のある施設、ビジネス街や工業団地等があるわけではないため、ここで下りた乗客はその多くが市内路線バスに乗り継いで市内中心部に向かうわけです。これはジャカルタでいうところのAPTB(Angkutan Perbatasan Terintegrasi Busway Transjakarta)・Trans Jabodetabek等と呼ばれる路線バス。郊外から市内のバスレーン区間に直接乗り入れる)のように、市内中心部まで乗り入れて戴きたいところ。
現時点では、このTrans Sidoarjoの降車場所から市内路線バスの乗り場までは300mほど歩く必要があり、その間、長距離路線バスの客引きが声をかけてきたりされるわけですが、市内路線バスのうち一部路線は同じDAMRIが運行するものもあるわけで、このコネクティビティはもう少し考えられても良さそうなものです。
きっと色々なしがらみとか既得権とか、そうするのに必要な工事費負担で揉めたとか、あるんでしょうね。
Transdsc_0204
うん。終点。もう少しなんとかしようね。スラバヤの表玄関でもあるんだし。

|

« 鉄道模型計画 小型レイアウト編その3。 谷 | トップページ | 鉄道模型計画 小型レイアウト編 その4。 山とトンネル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/62614501

この記事へのトラックバック一覧です: トランス・シドアルジョ、お試し。:

« 鉄道模型計画 小型レイアウト編その3。 谷 | トップページ | 鉄道模型計画 小型レイアウト編 その4。 山とトンネル »