« ジャカルタ=バンドゥン高速鉄道、中国の手へ。 | トップページ | お留守番なので・・・ 鉄道模型計画 小型レイアウト編その1。 台座 »

2015年10月15日 (木)

さあ、帰りましょう。

そんなわけで(ここに書くネタはあまりありませんが)全力で休み続けてクタクタとなった今日で休暇もおしまい、スラバヤに戻ります。

今日の出発は、羽田発09:20のシンガポール航空SQ631便。地元中野駅北口サンプラザから、1日2本だけしかない(なのにほぼ満席。もっと増やせばいいのに)リムジンバスで、お初の中央環状線経由で羽田の国際線ターミナルへ直行。
Busdsc_0102
中野駅からリムジンバスで羽田空港へ。前に乗った時はフィリピン製の日産ディーゼル車だった記憶があるけど、もう流石に無くなったみたいですね。

機材は往路より随分くたびれた感のあるB777-200型機。機内は3人掛けの真ん中席も含めてほぼ満席の盛況で、今日は華人が随分多かった往路に比べると、日本人客がほぼ大半を占めるようで、華人と西欧人がチラホラという感じ。
食事は洋食を選択。量もSQの大型フルトレイがスカスカ、そして見た目どおり全く美味しいと感じる部分がない… あ、最後に出されたハーゲンダッツくらいか。
Sq631dsc_0106
SQ631便は古めのB777-200型機。便利な時間帯なので、ホッといても乗ってくれるから、でしょうか。
機内食も全くやる気ない感。到着前にスナック…と思いきや、いつものピーナッツだけでこちらもガッカリ。
Sq631dsc_0108

そしてシンガポールでは同じターミナル内ながら、隅っこから隅っこまで歩かされてF37番に移動し、スラバヤ行きのシルクエア―(SilkAir)MI226便に乗り換え。今日は小型のA320型機がほぼ満席の盛況で、機内はインドネシア人乗客が過半を占め、ああ帰って来たなぁ、感が既に漂う。

さあ戻ったら溜まった仕事と、上司がいない間のお留守番です。
Mi226dsc_0111
相変わらずLCCレベルの機内食。今日は味もイマ2という感じで、かえってお腹が空いた感。

|

« ジャカルタ=バンドゥン高速鉄道、中国の手へ。 | トップページ | お留守番なので・・・ 鉄道模型計画 小型レイアウト編その1。 台座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/62482413

この記事へのトラックバック一覧です: さあ、帰りましょう。:

« ジャカルタ=バンドゥン高速鉄道、中国の手へ。 | トップページ | お留守番なので・・・ 鉄道模型計画 小型レイアウト編その1。 台座 »