« 鉄道模型計画 小型レイアウト編 その15。 棚田。 | トップページ | 鉄道模型計画 小型レイアウト編 その16。 動きモノ。 »

2015年11月28日 (土)

2時間半で楽しむスラバヤ。

今日土曜日、東京から出張中の鉄道部品関係の商社勤務の友人K林氏が御来訪。
スラバヤは事実上初めてという事なので、短時間ながらもスラバヤの見どころ(?)を楽しんでいただこうとちょっと連れまわしてみることに。

夕方16時頃、市内南部の仏系ホテルで落ち合って、まずクルマを向けたのは市街地北部シドトポの(事実上の)貨物駅。
まず駅舎の方でご挨拶がてら、シドトポ発の旅客営業列車がどうなっているのか現状をお伺い。こちら、コミューターの送り出し回送を兼ねた、早朝04:00発のポロン行きが健在であることを 確認し、ついでと言っては何ですが、構内での撮影の許可をいただく。
Sdtp1160505
最新のCC206と並ぶ古豪BB304。世代、製造社は違えど、デザインの基本は実は似ているのですね。

こちら、貨物列車が時折行き交うだけで取り立てて物珍しいものがある訳ではないのですが、今日目を惹いたのはこちら、PJKA塗装のBB304でした。こちらも最早定期旅客列車の運用には入らなくなってしまって久しく、廃車(形式的には休車なのでしょうが)も進んでいる模様。そんな中で、恐らくは貨物駅での入れ替え用であっても、この40年もののクルップ製DLが 現役で活躍しているのは何より。
Sdtp1160512
他方で、電車としても数年、KRDE気動車となっても僅か数年しか使われなかった電気式気動車編成。情けないことですが。

他方でそのすぐ裏側で故障休車のまま放置されているこのKRDE、元Hyundai製電車改造の電気式気動車Arek Surokerto編成。電装部品の多くも剥ぎ取られ、もうどうやっても再起不能な残念な姿になってしまっていました。もう再起はあり得ないとはいえ、見るに忍びないですね。

そしてこちらのシドトポの山、4か月ほど前に不審火があってこの廃車体の山が焼けたと新聞で読んでいたのですが、実際に焼けたのは1/3ほどだった模様。日本車両製KRDのある 南側は従来のまま、この日は警備員に見守られながらも、地元の若者たちが山の上まで登ってトンシス(自撮り棒)を使って記念撮影に勤しんでいました。
Sdtp1160525
放火事件以降か、警備員が常駐する山。別に撮影禁止とかは言われませんでした。

続いてコタ駅へ移動。この時間帯、小私鉄のターミナル的な雰囲気のある頭端式ホームからは、丁度 17:30発のクディリ周りブリタール行きの「Dhoho」、17:40発マラン周りブリタール行きの 「Penataran」、17:50発ポロン行きKRDコミューター、18:00発マディウン行きの「Arjuna」と出発の続く時間帯。どれか乗れるかな?と思っていたら、普段は直前では満席で乗れないのだけれど(通勤列車がそれじゃいかんとは思うけれど)、この日は土曜日ということもあって簡単に「ドーホ」号の切符を入手、スラバヤ・グブン迄 一駅だけの汽車旅を楽しみました(笑)
Sbp1160539
ターミナル、スラバヤ・コタ駅が賑わう夕刻の時間帯。

そしてグブン駅前に回送していたクルマに飛び乗り、一駅南のNgagel停留場に移動。スラバヤ近郊のコミューター駅をご覧いただいた後、今度は、実は日本車輌製KRDには未乗だというK林氏の希望に応え、20分後に追っ掛けて来る18:07発のKRD気動車使用のポロン行きコミューター列車を掴まえ、一駅南のウォノクロモまで移動。
定刻に現れた列車の4両編成の最前部は、中部ジャワのPrameks予備編成だった と思しき黄色塗装車、そして最後部は新塗装となった更新車。折角なのでこちらに乗ってみてビックリ。室内は味気ないプラスティック製ロングシートから、バス用を転用したと思しき クロスシートに交換され、一種のロマンスカーとも思えるような雰囲気すら漂わせている (笑)と言ったら無理があるかな。
既にバンドゥン近郊からは撤退し、中部ジャワや南スマトラなどでも殆ど予備車扱いと なってしまっているこの日本車輌製KRD、スラバヤではまだ当分使うつもりなんですかね。 嬉しいことです。
Krdp1160566
新塗装なった日本車輌製KRD。前面のラインはわざわざ下に下げなくてもいいと思うのだけどなあ。
乗ってビックリ、バス用シートを使ったロマンスカー仕様に。あとは冷房化されれば。
Krdp1160558

|

« 鉄道模型計画 小型レイアウト編 その15。 棚田。 | トップページ | 鉄道模型計画 小型レイアウト編 その16。 動きモノ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/62773663

この記事へのトラックバック一覧です: 2時間半で楽しむスラバヤ。:

« 鉄道模型計画 小型レイアウト編 その15。 棚田。 | トップページ | 鉄道模型計画 小型レイアウト編 その16。 動きモノ。 »