« 慌ただしくスラバヤ戻り。 | トップページ | シドアルジョで洪水に巻き込まれる。 »

2016年2月15日 (月)

驚愕! サバ州営鉄道に名鉄キハ8500系「北アルプス」!

中の人、ではないのですが、業界勤めの友人から教えていただいたところによると、
会津鉄道「AIZUマウントエクスプレス」、更に元々は名鉄のJR高山線乗り入れ特急「北アルプス」号用の特急型気動車だったキハ8500系列が、北ボルネオ・サバ州営鉄道に中古で導入された由! 
で、輸送を担当した華人系と思しき会社のサイトに、工事途中の画像が掲載されていたので、御紹介させていただきます。

マレーシアで中古車両と言えば、運行休止となって久しい、半島部の「マラヤンタイガートレイン」ですが、ボルネオとは驚きました。そういえば、平野部の、コタキナバル市街地のタンジュン・アル=ビューフォート間で、元々はフランス製?最近では中国製と思しき大型ディーゼルカーが活躍していたのですが、これの置き換えな訳でしょうね。ビューフォート=テノム間の山間路線には流石に入らないでしょうから。
Pict0431
2003年当時、ビューフォート=タンジュン・アル間で活躍していた気動車。塗装は昔の「こどもの国線」に負けず劣らずの派手な色遣い。デザインはフランス風ですが、果たしてどこ製の車両でしょう?

さて、いつ頃から運行開始されるのかはまだわかりませんが、折角ですからまた一回行ってみるんですかね。1編成だけということで、メンテナンスには苦労しそうですが…
Pict0426_2
この奥地の山岳区間に日本製気動車が入ったら、それはそれで驚きですが…

|

« 慌ただしくスラバヤ戻り。 | トップページ | シドアルジョで洪水に巻き込まれる。 »

コメント

野津田車庫様、
再度のコメントありがとうございます!
仰るとおり、2両1編成だけでは、メンテの際の代車や故障時の対応などが気になるところですし、保守部品の調達も容易ではないでしょうね。
趣味的には、営業運転に供されるのが楽しみですし、折角だから乗りに行ってみたいとは言え・・・

投稿: 落花生。 | 2016年2月19日 (金) 00時01分

こんばんは、以前コメントさせて頂きました野津田車庫です。

会津鉄道から何時の間にか姿を消したという話を聞いた時はとっくに解体処分の為搬出されたものだと思っていただけに、まさかマレーシアに行っていたとは驚きました。僅か2両編成1本の少数派ということで、導入後の部品確保や維持管理が少々気になるところですが、まずは運用が開始される日を楽しみに待ちたいですね。

投稿: 野津田車庫 | 2016年2月18日 (木) 22時17分

おっとっと様、
こんにちわ。仰るとおり!意外と格好いいのですよね、これが。
で、当然鉄コレで出てるのかと思いきやさにあらず、最近販売になったとても弄るのが躊躇される高額なマイクロエースのセット物の他は、御言及のアンレール製品・・・これがまた、ネット上ではともかく評判悪いようで、おっとっと様ご自身もN化に相当御苦心されたご様子。
であるならば、ぶった切ってショーティ―化してしまおうか… というわけで、次回帰国時に持って帰るべく、ネットで探してみようかな…と思い始めた今日この頃でございます…

投稿: 落花生。 | 2016年2月17日 (水) 23時58分

おはようございます、イムレックも終わり、まったりとしたスラバヤの日常をお過ごしのことと存じます〜。
いま、デント半蔵門準急の混み合った車内で、ウトウト気分でアクセスしたところ、あまりのブッ飛びネタで目が覚めました。笑
これ、凄くカッコ良いじゃないですか!!
大量に在庫が積み上がったアンレールのきは8500が売れますかねぇ〜?!

投稿: おっとっと | 2016年2月17日 (水) 08時25分

井上さま、
ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。
20年以上前にこのサバ州営鉄道にご乗車しておられたとは! 山間路線側は私が乗った時よりも更に奥深い、魅力的な雰囲気だったのでしょうねー。羨ましいです。
私がここを訪れた時は、確かRoyal Brunei航空の、DPS-BWN-MNL-BWN-BKI-BWN-CGKというチケットで、マニラの帰りに立ち寄ったと記憶しています。是非マニラからさらに一歩お出掛けの上、最新状況をアップして下さい。

投稿: 落花生。 | 2016年2月16日 (火) 23時24分

ご無沙汰しております。
いやー、キハ8500系がサバ州鉄道に譲渡されるとは私も驚いております。
Padas川の渓谷が美しいBeaufort〜Tenom間に運行されると面白いかもしれませんが、路盤が軟弱なのとカーブの連続ですので、確かにTanjung Aru〜Beaufort間に運行されるものと私も推測しております。
私がこの鉄道に乗車したのは1995年ですから、もう20年という長い年月が経過していますので、マニラへ帰国したついにでもコタ・キナバルに足を延ばして、久しぶりに乗車してみたいと思っています。

投稿: 井上 | 2016年2月16日 (火) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/63219813

この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕! サバ州営鉄道に名鉄キハ8500系「北アルプス」!:

« 慌ただしくスラバヤ戻り。 | トップページ | シドアルジョで洪水に巻き込まれる。 »