« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月22日 (月)

バニュワンギ旧駅跡に寄り道。

2日目、ジュンブルから峠を越えてジャワ島最東端のバニュワンギ県に移動。
暫く前に峠越えのトンネル出たところの鉄橋で写真を撮ってみたり、更にその前には保線用のトロッコで遊んでみたり、という景色のいいところではあるのですが、今回はつづら折りの道をウツラウツラしながらクルマに乗って過ごすだけで、ここも汽車で移動したかったなぁ…というところではあります。

で、こちらの移動、4時間を見込んでいたのですが、今日は順調に走り過ぎてバニュワンギ市内には早めに到着、アポイントまで1時間ほどの余裕が出来てしまいました。

というわけで時間潰しにちょっと立ち寄ってみたのがバニュワンギ市内中心部からほど近い、こちら。
Bwgdsc_0987
「Banyuwangi +6m(海抜)」の表記が残る、バニュワンギ旧駅舎。

1985年に市街地西部を迂回して北側のクタパン港近くにバニュワンギ・バル(新)駅が新たに開業したのを受けて廃線となった(と思われる)バニュワンギ市内を走っていた、本線上のKabat-Dadapan-Banyuwangi(旧)駅間の旧線、更にはバニュワンギ港(旧)まで伸びていたそうですが、その区間の旅客列車の終点であったバニュワンギ旧駅跡です。
Bwgdsc_0990
かつては6本ほどの線路が並んでいたというホーム側のエリアは、全く面影を留めず。

駅舎は一部増築され、地元の人が住み着いてカフェとも言えないような小さなお店を開いてたりしたし、表側に周ってみたらこちら側には自動車販売店など他の店も軒を並べており、パッと見たところでは元駅舎とはわかりにくくなってしまっていましたが、この国鉄PT.KAI所有地の看板が建っているのをみると、ここが元の鉄道用地であったことがわかってホッとします。ってなんか変な表現ですが。
Bwgdsc_0993
この旧シンボルマークの表記も大分少なくなってきましたね。国鉄PT.KAI所有地を示す立て看板。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュンブルへ、出張。

今日から2泊3日で東ジャワ州東部(インドネシア語だと、Jawa Timur Timurになっちゃう。 ので、Jatim Timurって言えばいいかな。)へ出張。

最初に向かったのは、スラバヤからクルマで約5時間、スラバヤとバニュワンギとを結ぶ 幹線上の中心駅でもあるジュンブル。本音を言うと汽車で行きたい・・・ところも本音ではあるのですが(スラバヤ・グブン09:00=12:52ジュンブルという丁度良い急行列車「Mutiara Timur」もあり)、ここは仕方が ないですね。
途中水が出ていたこともあって予想よりも多少時間を要し、お昼ご飯を食べる時間が無くなってしまいコンビニパンになってしまった運転手さんには申し訳なかったのですが、なんとかアポ時間まで10分ほどの余裕をもってジュンブル到着。
Jemberdsc_0957
当初日本人のマネージメントが入って商品化したみたいですね。枝豆アウトレット。

仕事の中身はここには書きませんが、ジュンブルのお土産と言えば、幹線道路沿いに 大きな看板を出していて、否が応でも目立つ、こちら。 前にもお土産に買っていった時も好評でした。
そのお店が今回出していた新製品がこちら↓
確かにカシューナッツだのマカダミアナッツだのを入れたチョコレートはありますよね。そこに同じ豆類の枝豆を入れちゃいました。チャレンジング! さてお味の方はどうでしょうか…
Jemberdsc_0958
フライド枝豆入りミルクチョコ!

泊まりは市内南方の全国チェーンのシティホテル?「Aston Jember」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

ジャカルタ空港鉄道駅工事現場 その2。

今日は訳あってジャカルタを日帰りで往復。
朝の出発はゆっくりで09:40発のCitilink QG802便。20分ほどの遅れでジャカルタ到着後、久々の昼間のスカルノ=ハッタなので、先ずタクシーを向けたのはこちら。
Soettastap1180636
先日東側だけちょっと眺めたスカルノ=ハッタ空港連絡鉄道の空港駅建設現場を今度は西側からちょっと見てみます。
場所はとても分かりやすい、第1ターミナルを出たクルマが第2ターミナルの入口へ向けて右へとカーブしながら、東西を結ぶ道路をオーバークロスしていた、その下です。
右手下側をよく見ていると、チラッと線路が見えたりするわけですが、これが件の、イグナシウス・ヨナン運輸大臣が視察した時の撮影用?にホンの数十m分だけ先行建設?した奴です(上の写真)。

この工事がどうなっているか…というと、ここに空港駅となるホームが作られていました。
こちら(↓)の写真なんですが、これ、対抗式ホーム2面2線なのでしょうか。島式2面4線にするにしては、ホーム幅が狭すぎますよね。ここにスーツケース転がした航空旅客が乗り降りするとは俄かに考えにくいのですが。
Soettastap1180634
ホームが形を表しつつある、空港駅建設予定地。確かに幅狭いですね。

そして位置としても、第1・第2どちらのターミナルからもソコソコ遠く、ちょっと歩いて行くには厳しい距離。ここにピープルムーバー的なものを建設して各ターミナルを連絡する計画になっていたと記憶していますが、面倒ですよね。
1-2-3各ターミナルはソコソコ離れてるのですから、羽田やヒースロー、KLIAみたいに空港特急を直接順番に止めて行くようにした方がいいんじゃないかと思うのですが。
Soettastap1180645
鉄道用のPC枕木が準備され、敷設工事開始を待っていました。

で、この駅を起点にする列車は、一旦西側に滑走路の先端まで走り、その後南下・東進更に(用地買収の都合もあって)グネグネ周りながら南下し、JABODETABEK電鉄タンゲラン線のバトゥ・チェペール駅に達する計画になっています。
空港から西側は、中央の現在の道路部分に複線鉄道が敷かれ、道路は線路の両脇に移転されるようで、現在はその道路側の工事が佳境となっていました。
線路が敷かれる部分の工事は、PC枕木が積み上げられていましたが、工事自体はまだまだのようです。
Soettastap1180648
工事現場で立ち入れたのはここまで。両側の高架橋は自動車道路。ダンプが走っていくこの道が鉄道線路の路盤となるのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

シドアルジョで洪水に巻き込まれる。

今日日曜の朝は気持ちよく晴れて、これがバリでだったらよかったのにー、と思ったくらいだったのですが、実はこの週末、スラバヤ周辺は結構な雨に見舞われ、あちこちで排水不良からバンジール(洪水)が発生していました。

中でも酷かったのが南郊シドアルジョ県だったのですが、当方そんなことは全く与り知らず。夕方のSilkAir便で出発する叔母といとこを、出発前に例のラッピンドの泥噴出池でも見せておこうか(スラバヤの数少ない観光地?といったら不謹慎ですが)と思って高速を南に走って行ったのですが、ポロンの高速出口が最近変更になったのを運転手が間違えてしまい、脇道から件の現場に向かおうとしたところ… 

恐らく未舗装だった脇道で、途中から水がドンドン深くなり、写真でお見せ出来ないのが残念な、私の四輪駆動車のフロントグリル位まで達するほどの大洪水の中に突っ込んでしまいました。
今思えばエンストして抜けられなくなっても不思議じゃなかったのかもしれません。 週明けに読んだ当地紙各紙は、このシドアルジョ~ポロン間のラッピンドの泥池の堤の下を走る国道が冠水して閉鎖になり、地域交通に多大な支障が出ていることをカラー写真入りで大きく取り上げていました。 中には(まずこれが目を引いてしまったんですが)
160214dsc_0927
イラストと保線作業車両の写真に思わず目を引かれてしまうのが性か… 23州で洪水被害が発生しているようです。

JABODETABEKのメトロ5000系の絵と共に、この区間を経由する中長距離列車が悉く運休の憂き目に遭っており、一部列車はバンギル=シドアルジョ間をバス代行しているなんて情報も。 以前鉄道雑誌などではこの区間の冠水した線路の水を掻き上げて走る列車の写真などを見たことがあるのですが、そんな写真を撮るためにのこのこ遊びに行くような状況ではないようです。

現時点で線路上の冠水は40cm以上、まだ水を被ったまま、バラストを嵩上げする作業を進めているという報道もありましたが、そんな事を今やれるんですかねえ。取り敢えずは水が引かないといけないんですけど、いつになるんでしょう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

驚愕! サバ州営鉄道に名鉄キハ8500系「北アルプス」!

中の人、ではないのですが、業界勤めの友人から教えていただいたところによると、
会津鉄道「AIZUマウントエクスプレス」、更に元々は名鉄のJR高山線乗り入れ特急「北アルプス」号用の特急型気動車だったキハ8500系列が、北ボルネオ・サバ州営鉄道に中古で導入された由! 
で、輸送を担当した華人系と思しき会社のサイトに、工事途中の画像が掲載されていたので、御紹介させていただきます。

マレーシアで中古車両と言えば、運行休止となって久しい、半島部の「マラヤンタイガートレイン」ですが、ボルネオとは驚きました。そういえば、平野部の、コタキナバル市街地のタンジュン・アル=ビューフォート間で、元々はフランス製?最近では中国製と思しき大型ディーゼルカーが活躍していたのですが、これの置き換えな訳でしょうね。ビューフォート=テノム間の山間路線には流石に入らないでしょうから。
Pict0431
2003年当時、ビューフォート=タンジュン・アル間で活躍していた気動車。塗装は昔の「こどもの国線」に負けず劣らずの派手な色遣い。デザインはフランス風ですが、果たしてどこ製の車両でしょう?

さて、いつ頃から運行開始されるのかはまだわかりませんが、折角ですからまた一回行ってみるんですかね。1編成だけということで、メンテナンスには苦労しそうですが…
Pict0426_2
この奥地の山岳区間に日本製気動車が入ったら、それはそれで驚きですが…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

慌ただしくスラバヤ戻り。

もう自分の記録メモということで、何の面白みもない記事でスミマセン。
日本からの観光客なのですから、大人しくバリで観光してくれていればよいのですが、折角なので私の働いているスラバヤも見てみたいという希望を踏まえ、1泊だけ、スラバヤにお連れすることにし、バリ1泊で慌ただしくスラバヤに戻ります。

今日夕方のフライトは、16:15発のNam Air, IN9277便。このSriwijaya Airの子会社のチケット3人分を購入したところで、ようやく昨年夏(のフライトキャンセルにより、同社のバウチャーで返金となってしまったための)以来のスリウィジャヤ航空縛りも無事終了、次回からは晴れて自由に便を選べるようになりました(笑) 

In9277dsc_0881_2
今日のフライトはPK-NAQ、B737-524型「Lomasasta」。1995年Continentalが導入、その後合併に伴いUnitedを経て2013年にSriwijaya Airに流れて来た機体。到着当時は多くの機体がコンチネンタルのハイブリッド塗装で飛んでましたね…

こちらは昨日のLion Airとは打って変わって国内線の定時発着率は9割を超える優秀さで、国営ガルーダを上回り、Batik Airに続く第2位の好成績だったところ(Lion Air系列のBatik Airが最優秀って、やればできるんなら、Lion本体もちゃんと飛べよ、と言いたいが)。
今日のフライトも、同じゲートを使う、直前のSriwijaya Airのジャカルタ行きの最終案内に少々時間を要したせいか15分ほど遅れたものの、確か日本では飛行機は15分以内の遅れは定刻扱いでしたよね、まあ無事に出発・・・ と思いきや、乗り込んでからがなかなか動かず、結局40分ほど遅れてしまいました。ヤレヤレ。

今晩のお泊りは、コロニアルな雰囲気が好評の「Majapahit Hotel」。夕食は市内の海南鶏飯店で蟹カレーなどを堪能いただきました。
御年86歳の叔母さま、遥か遠く九州から、わざわざこんなところまでよくお越しくださいました。多謝多謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

バリへ、家族ロジ…

今日は午後休を取ってお昼12時に事務所を飛び出し、空港へ。掴まえたかったのは、13:30発のLion Air, JT910便のデンパサール行き。それなりの数のフライトが飛んでいるスラバヤ=デンパサール間ですが、この便の次は16時半になってしまい、1時間の時差のあるデンパサールに着く頃には夕食には間に合わない時間になってしまうのです。金曜午後休を取ってバリに遊びに行きたい駐在の方もいらっしゃるでしょうに、もう少し便利だといいんですけどね。

今日もまさにそのパターン。福岡から叔母といとこが遊びに来ているので、まあ所謂家族ロジみたいなもんですな。御案内させていただくべく、こちらもこの来訪に合わせて・・・ホントは到着した昨日から来たかったのですが、仕事の都合もあり休みがとりづらく、この金曜午後になってしまった次第。
Jt910dsc_0872
ボーディング・ブリッジが繋がっているように見えますが… わざわざ手前で地表に下ろして、後部のタラップから搭乗させる不思議。蛇腹使うとそんなに使用料高かったりするんですかね…

なので、一刻も早く到着して落ち合いたいところなのですが、先般発表になった国内線各社の定時発着率一覧でも相変わらず7割と芳しい成績ではなかったLion Air、今日も案の定1時間近い遅れとなってしまいました。しかも飛んでる最中の機窓は厚い雲に覆われ、デンパサール空港に到着する頃には生憎の雨模様。雨季だから仕方がないわけではありますが…

そんなわけで、空港からは迎えに来て貰ったクルマでサヌールのBesakih beach Hotelに直行、無事に両名と落ち合って、夜はバリまで来て?ではありましたが、サヌールの和食店で久し振りにゆっくりとお話することが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

第2回スラバヤ日本祭りの日。

さてこの日曜日、市内のモール「SUTOS(Surabaya Town Square)で第2回「スラバヤ日本祭り」が当地元日本留学生協会(PERSADA)の主催で開催されたので、お手伝いしに行って来ました。
こちら、昨年度、JJM(Jakarta Japan Matsuri)にインスパイアされた当地の若者たちがこのスラバヤでも日本祭りが開催できないかというのを、当時のJOCVの日本人の若者らが一念発起して準備して昨年2月に開催されたイベントを、今年は日本総領事館が共催者となり、留学生協会や学生ボランティア100名ほどがチームを作ってこの数カ月間準備して来た、そのD-day(ここではHari Hといいます)が、この日なわけです。
Snmdsc_0953
会場となったモールの入口には鳥居風のゲートが。まあありがちですが、学生ボランティアの方々のイニシアティブでこういうデザインに。

Snmdsc_0903
UNESA(スラバヤ国立大学)の学生による太鼓でオープニング。

Snmdsc_0905
在スラバヤ加藤総領事とシェルマン元留学生協会会長による銅鑼の音で公式オープニング。

Snmdsc_0914
SJSスラバヤ日本人学校幼稚園と地元園児達によるファッションショー。

Snmdsc_0920
ジャカルタから来訪の柔道の先生とJOCV柔道隊員によるデモ。一本!

Snmdsc_0923
日本からの留学生がアレンジしての餅つき体験。きな粉と海苔巻き、あ、食べ損ねた!

Snmdsc_0934
州内の高校で日本語を教える「日本語パートナーズ」のボランティアの皆さんによる折り紙体験。

Snmdsc_0907
会場には市内の日本食店や、日本をモチーフにしたお店などが出店を出店。

Snmdsc_0924
すっかりお馴染みとなったヤマハYMPI社「East Wind」オーケストラ。今日は「Everyday, カチューシャ」「ルパン三世のテーマ」などを披露。

Snmdsc_0928
ラーメン早食い競争。黒歴史は触れないでおこう。
司会者は随分引っ張ってたけど、ラーメンのびちゃうから、早く食べさせてあげて欲しい…

Snmdsc_0932_3
元大使公邸料理人によるマグロ解体ショー。
そして解体したての鮪の握り寿司は大人気。シェフ大忙し!
Snmdsc_0941

Snmdsc_0945
去年に引き続いて来訪の神戸の書道家後藤稔さんによる書道デモ。

Snmdsc_0949_2
元日本留学生、市内Dr.Soetomo大学のタントリ教授による茶の湯デモ。
大先生自ら、毎回ありがとうございます。

Snmdsc_0951
しかしまあ、時折雨舞う中、一日中スゴい人出でした。

Snmdsc_0939
こういうイベントでは、必ずコスプレイヤーの皆さんがたくさん集まってきます。

Snmdsc_0955
そしてコスプレイベント、声優コンテストなどが次々開催。物凄い集客力です。

Snmdsc_0959
途中、あまり日本とは縁のなさそうなバンド演奏なども入りましたが、
陽も暮れて、日本語パートナーズの先生による三味線の披露。段々日本イベントらしさが強まってきました。

Snmdsc_0962
そして高知市と姉妹都市関係にある、スラバヤの日本祭りといえば、のよさこい踊り。

Snmdsc_0971_2
当地ではTV司会者をつとめるなどすっかり芸能人になった、吉本興業所属、加藤ひろあき君のミニ・コンサート。スラバヤでもたくさんのファンがついているようです。このまましっかり根を張って活動していって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

鉄道模型計画 小型レイアウト編 その21。 乗り物の追加。

さて久し振りの3Dプリンターを活用したショーティ専用小型レイアウト計画ですが、時間がある時に、まだちょいちょいと小変更を加えたり仲間が加わったりしてます。
今回追加されたのはこちらさん達。
Rp11805962
モスクの前の(住民が勝手に作った非公式の、という設定の)踏切の前で電車の通過を待つのは、ベチャ、3輪自転車タクシーです。今回は車輪のスポークも(勿論実サイズ比では極太になっちゃいますが)描いてみました。一応スポークっぽく見えてくれますね。人形は既製品ですが、これは造形より塗装が大事なので、3Dプリンターによる製作はまだ考えていません。きっとやりだすと凝ってしまうに決まってるし。
その右手の赤バジャイですが、こちらは正面のカーブを強調したVer.2になります。前の版に比べると、大分雰囲気が近づいて来たかな。Tany様からは、尻上がりのデザインと幌の後部のカーブについての改善コメントがありましたので、Ver.3では更に修正してみましょうかね。
Becak1
fusion360で挑戦してみました。
こちらの赤バジャイは、123Dでデータ作成。
Bajaj2_2

なお上の写真、左手の電車はお馴染みのJR203系ですが、こちらは実はBトレイン・ショーティでは製品化されていません。ので、GMのおまけパーツの正面と、Bトレ201系のボディを合体させたもの。側面の戸袋窓埋めと、妻面の窓を更新時に塞いでいる部分のパーツだけ、大量生産する必要性から3Dプリンターで製作しています。側面の女性専用車ステッカーだけまだ準備が出来ていないので、まだ未完成状態ですが。

Rp1180535
ベチャを別の角度から。 
こちらのメトロ05系(初期車)もBトレインでは製品化されていません。ので、前面パーツを3Dプリンターで作成、側面は05系13次車(以降)製品の、張り上げ屋根となっている肩の部分を切り落とし、別の車両の屋根と組み合わせたものです。まあ、それなりに見られますかね。方向幕部分の外側からガラス(透明塩ビ板)を張り付けるのは私には至難の業なんで、内側からの貼り付けで済ませてしまってますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »