« 驚愕! サバ州営鉄道に名鉄キハ8500系「北アルプス」! | トップページ | ジャカルタ空港鉄道駅工事現場 その2。 »

2016年2月16日 (火)

シドアルジョで洪水に巻き込まれる。

今日日曜の朝は気持ちよく晴れて、これがバリでだったらよかったのにー、と思ったくらいだったのですが、実はこの週末、スラバヤ周辺は結構な雨に見舞われ、あちこちで排水不良からバンジール(洪水)が発生していました。

中でも酷かったのが南郊シドアルジョ県だったのですが、当方そんなことは全く与り知らず。夕方のSilkAir便で出発する叔母といとこを、出発前に例のラッピンドの泥噴出池でも見せておこうか(スラバヤの数少ない観光地?といったら不謹慎ですが)と思って高速を南に走って行ったのですが、ポロンの高速出口が最近変更になったのを運転手が間違えてしまい、脇道から件の現場に向かおうとしたところ… 

恐らく未舗装だった脇道で、途中から水がドンドン深くなり、写真でお見せ出来ないのが残念な、私の四輪駆動車のフロントグリル位まで達するほどの大洪水の中に突っ込んでしまいました。
今思えばエンストして抜けられなくなっても不思議じゃなかったのかもしれません。 週明けに読んだ当地紙各紙は、このシドアルジョ~ポロン間のラッピンドの泥池の堤の下を走る国道が冠水して閉鎖になり、地域交通に多大な支障が出ていることをカラー写真入りで大きく取り上げていました。 中には(まずこれが目を引いてしまったんですが)
160214dsc_0927
イラストと保線作業車両の写真に思わず目を引かれてしまうのが性か… 23州で洪水被害が発生しているようです。

JABODETABEKのメトロ5000系の絵と共に、この区間を経由する中長距離列車が悉く運休の憂き目に遭っており、一部列車はバンギル=シドアルジョ間をバス代行しているなんて情報も。 以前鉄道雑誌などではこの区間の冠水した線路の水を掻き上げて走る列車の写真などを見たことがあるのですが、そんな写真を撮るためにのこのこ遊びに行くような状況ではないようです。

現時点で線路上の冠水は40cm以上、まだ水を被ったまま、バラストを嵩上げする作業を進めているという報道もありましたが、そんな事を今やれるんですかねえ。取り敢えずは水が引かないといけないんですけど、いつになるんでしょう…

|

« 驚愕! サバ州営鉄道に名鉄キハ8500系「北アルプス」! | トップページ | ジャカルタ空港鉄道駅工事現場 その2。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/63228067

この記事へのトラックバック一覧です: シドアルジョで洪水に巻き込まれる。:

« 驚愕! サバ州営鉄道に名鉄キハ8500系「北アルプス」! | トップページ | ジャカルタ空港鉄道駅工事現場 その2。 »