« ちょっと帰国します(準備)。 | トップページ | ちょっと帰国します(羽田到着編)。 »

2016年3月10日 (木)

ちょっと帰国します(ビジネスクラス編)。

さてそんなわけで、意気揚々と前日チェックインして最前部座席の1Fをキープして、予定どおり荷物もビジネスの30kgで収まり、幸先良い出発。
本日のBatik Air、ID6579便のビジネスクラスは定員12名のところに7人と半分ほどのちょうど良い乗り。道が混んでいて40分前と結構ギリギリな空港到着でしたが、チェックインカウンターから職員氏が同行して出発ゲートまでお見送りして客室乗務員に引き継ぎ。余裕がある時間帯であればラウンジも無料で使わせていただける由。
Idc_dsc_1097
ゆったりとした椅子が並ぶ、Batik Airのビジネスクラス機内。

座席に座ると早速おしぼりと、キチンとしたグラスに注がれたウェルカム・ドリンクとスナックが提供。合成皮革の張られた座席はゆったり広々ではあるのだけれど、フットレストがないのは意外。
随分慌ただしく搭乗させられたなと思ったら、今日は定刻より15分ほど早くドアが閉まって動き出したのはビックリぽん。遅れのニュースばかり目立つライオン・エアーのグループ会社なんだけれど、バティック・エアーは定時運航率が去年はトップだった筈。流石は高い料金取るだけあって…というか、やればできるんなら、普段からやってくれよという感じではありますが。
Batikc_dsc_1095
早速のウェルカムドリンク (^ ^♪

そして離陸後に提供された機内食が、こちらの“ホットミール”。パンケーキと、甘くないフルーツサラダと、このメインディッシュは何だろう。メンチカツのような…案外美味しかったのですが。揚げ物好きなインドネシア人だけありますな。
流石にビールはないようですが、これでガルーダのエコノミーと変わらないお値段で、ちゃんと時間通り飛んでくれるなら、これもまた良いですな。次はもう少し長距離便にも乗ってみたい気分になりました。
Batikc2016031005638
機上の晩餐! Batik Air ID6579便、スラバヤ→ジャカルタ の機内食(笑)

|

« ちょっと帰国します(準備)。 | トップページ | ちょっと帰国します(羽田到着編)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/63382748

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと帰国します(ビジネスクラス編)。:

« ちょっと帰国します(準備)。 | トップページ | ちょっと帰国します(羽田到着編)。 »