« バニュワンギ旧駅跡に寄り道。 | トップページ | ちょっと帰国します(ビジネスクラス編)。 »

2016年3月 9日 (水)

ちょっと帰国します(準備)。

色々ありまして、更新が滞ってしまい失礼しました。ネタがあまりなかったということもありまして…

というわけで、今日から短期間ですが一時帰国。1か月前頃から動き出したのですが、この日程で帰ろうとするといつものSQ利用だと何故か往路の10日~12日頃のSIN→TYOが全然取れず、普段だったら9万円ほどであるスラバヤ=東京往復が16万円!というべらぼうなお値段に。
他もGAのジャカルタ経由・デンパサール経由とも12万円台と高く、唯一安かったのが香港経由のCXで8万円ほど。ジャカルタからのJALもANAもジャカルタ発早朝便・着深夜便しか空いておらず(これだと前泊・後泊を余儀なくされる)、どうしたもんかな… と思っていたところ。結局、何故か全日空のマイレージでは取れなかったジャカルタ夜便・羽田朝便のジャカルタ=東京路線が、UAのマイレージ・プラスから取れたので、これで行くことに決定。
Batikdsc_1092

そうすると必然的に必要となってくるのがスラバヤ=ジャカルタ間の国内線。現在国際線の発着するジャカルタ、スカルノ=ハッタ空港のターミナル2に入っている国内線会社は(メルパティ無き今)ガルーダしかないので、ここは少々お高いけれど仕方がない。
荷物のギッシリ詰まった大きなスーツケース幾つも抱えてノンステップでもない高床のターミナル間連絡バスで移動するのも厳しいし。 他方で、比較的軽い往路はLCCでターミナル1に着いても行けるかな… ということで、前から一度試してみたいと思っていた、国内線LCC大手Lion Airの“フルサービス”子会社、Batik Air。のビジネスクラス様。
乗継にちょうどいい時間の便はプロモで96万か。エコノミーだと56万ほどだけど、比較的軽いとはいえ、国内線の制限20kgでは間違いなくエクセスチャージは払うわけで、大体キロ当たり15,000ルピアくらい・・・と聞いていたので、10kgオーバーで15万ルピア。その分差額負担感は軽くなるな、ガルーダをプロモで買うと丁度いい時間帯のものは92~115万。

よし、試してみましょう! 清水の舞台から階段で降りるくらいの気持ちで。 (つづく)

|

« バニュワンギ旧駅跡に寄り道。 | トップページ | ちょっと帰国します(ビジネスクラス編)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/63382646

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと帰国します(準備)。:

« バニュワンギ旧駅跡に寄り道。 | トップページ | ちょっと帰国します(ビジネスクラス編)。 »