« また飛行機事故ですよ。 | トップページ | スマトラの森林軌道「MOLEX」最新情報。 »

2016年4月25日 (月)

鉄道模型計画 その9. 展示台を作る。

このところ更新が滞ってしまっていてすみません。スラバヤ在住の身で、しかもこのところ半月余り続く腰痛に悩まされ、ネタ探しのお出掛けもままならない状態が続いていました。

で、そんなこともあって週末は家でゴロゴロしているしかないのですが、そんなわけで暇潰しを…というと支障があるのですが、こんなものを作ってみました。
Tenjip11901421
このサイズの中に結構たくさん並べられるんですよね。

既にBトレインショーティ専用のインドネシア風?A3小型レイアウトを作ってみたのは既に何回かに分けて書いてきたわけですが、こちらはサイズの割には線路面積?はそれほど多くはなく、また主に3DプリンターやBトレ市販品改造で作って来たインドネシア鉄道のショーティ・モデルを乗せて眺めてニヤニヤするにはちょっと必ずしも適当とは言えない部分があったわけです。
Tenji16040205659
展示ケース土台の上に発泡スチロールとフレキなどで情景全体のイメージ作り。

で、机の隅っこに飾って置くために、省スペースの展示台を作ってみたわけです。ベースになっているのは皆さんご存知のDAISOで300円位で売っている展示ケース。スラバヤに出張でいらっしゃった趣味を仕事にして楽しんでおられる業界人のK林さんにお土産に頂いたもの。
Tenji16040905692
プラスタークロスを使って地面の基礎を作って、のり面に石垣埋め込んでみたり、
何故に東武の急行・快急用の車両が?というのは気にしないでください。

最初は電車区・車両区とかにすれば、たくさんの編成を並べられていいかな?と考えてたんですが、それではどうしても平面になってしまい、奥側の車両が屋根しか見えないな、どーしようかな…っと思っていたら、
なーんとなく眺めていたネット上に上げられていたBトレ展示台の写真の一つ、こちら、Bトレの世界では有名な「特攻野郎Bチーム」のメンバーの方が作成された「高田馬場付近」の、立体と縦位置とを合わせ備えたコンセプトを拝見して感化され、インスパイアされ、アイディアをパクッたと言われても仕方がないかも? な配置を採用することにしました。ありがとうございます。

Tenji160410056951
バラスト撒いて、地面を塗って草木を生やし、ヨーロッパ物の背の低いトラス橋とプラ板を組み合わせて立体交差を作り、右手側は車両区の雰囲気を出すために洗浄台を設置。

インドネシアの電車、ジャカルタ近郊電鉄区間で立体交差と言えば、まあこのブログをご覧いただくような方ならピンときますよね。環状線と、最近アンチョール/タンジュン・プリオク方面の路線とが上下で交差する、カンプン・バンダン駅しかないわけです。
実際のあの駅では下側の線路はホームに面しているわけですが、ホームを設けて上屋を架けてしまうと、折角置いた電車の側面が見えなくなっちゃうんで、そこは省略。

Tenjip11901481_2
こちらの角度から見ると、こんな感じ。築堤~橋部分は、手前側は2両くらいにとどめておいた方がいいかな。

それでもこのワンショット・ジオラマ(?)を見たひとりの方は「カンプンバンダンですね」と即座に返してくれたので、それなりに雰囲気は出ていると自賛していいかな。
ということは、右手の留置線は、ジャカルタ・コタの客車区ということで、こちらには長距離列車用の客車を並べてみましょうか。
Tenjip11901301
05系(初期型)って、ショーティで製品化されていないんですよねー。これや青帯塗装の東急車と、近郊区間用のKRDが一緒に並んだことって、実際あったのかどうか。

Rheop11901531
Shapewaysのミスで余計に作られてしまった1両を、Rheostaticの最終塗装にして乗せてみましたよ。

|

« また飛行機事故ですよ。 | トップページ | スマトラの森林軌道「MOLEX」最新情報。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/63551271

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型計画 その9. 展示台を作る。:

« また飛行機事故ですよ。 | トップページ | スマトラの森林軌道「MOLEX」最新情報。 »