« 鉄道模型計画 その9. 展示台を作る。 | トップページ | 出張で帰国します。 »

2016年5月 3日 (火)

スマトラの森林軌道「MOLEX」最新情報。

当ブログで一番アクセス数が伸びる人気記事?、スマトラ・ブンクル州の熱帯雨林のジャングル・トロッコ「MOLEX」につきましては、昨年5月に訪問された方からいただいた情報を掲載させていただいたところですが、

こちらを最近訪問された方から、最新情報の提供がありました。

ご連絡いただいたのは兵庫県から長期旅行中の学生S本さん。まだ旅行中ということで写真の送付は追ってという事でしたが、英語で詳細な情報を頂戴しましたので、この夏休みにお出掛け予定の方々(いるかな?)のお役に立てればと思い、ご本人の許可を得て転載させていただきます。

Hello. As I told you in the last e-mail, I would like to report the latest information on Molex that I have obtained through my experiences there and chat with a local. Basically, the information you and the previous Japanese visitor offered in advance to this travel of mine is correct. However, I may have some more things to add.

はい。当方ブログでの事前の情報は概ね正しかったのですね。

1, Transportation to Napal Putih

Trafels from Bengkulu to Napal Putih stop at a very shabby bus terminal located at Sungai Hitam in Bengkulu. It costs 80000 and takes approximately 3 to 4 hours from Sungai Hitam to Napal Putih. There are several trafel services to Napal Putih. However, all of them leave Bengkulu from around 1 p.m. to 2 p.m..

ブンクル市街地からナパールプティへ向かうトラフェルは市内スンガイ・ヒタムから午後1~2時頃に出発して、3~4時間かかる訳ですな。料金は8万ルピアと。

According to a staff of Garuda Indonesia, there are trafel services from the Bengklu Airport to Sungai Hitam. However, since I used taxi to reach Sungai Hitam, I did not obtain the fee of it. The taxi cost 100000 and took 30 minutes from the airport to Sungai Hitam.

ブンクル空港からスンガイ・ヒタムまでは空港シャトルバスがあるらしいけれど、タクシーだと30分ほどで料金は10万ルピアなのね。

2, Transportation from Napal Putih

Trefels directly going to Bengkulu depart at 6 or 7 a.m., whose fee I was not informed of. On Monday and Thursday, there is an afternoon trafel service from Napal Putih to Ketahun. The departure time is not fixed. This service is connected to the Molex service from Lebon Tandai. Therefore, if you take the regular Molex service departing from Lebon Tandai in the morning on Monday or Thursday, you do not need to care about the departure time. The fee from Napal Putih to Ketahun is 35000. Usually, this trafel service is connected to another trafel service from Ketahun to Bengkulu. Even if they are not connected, you can still find some trafel services in Ketahun. The fee from Ketahun to Bengkulu is 50000 or 60000.

ナパールプティからの帰路のトラフェルは朝6~7時頃発で、月曜と木曜にはクタフン迄に便もあって、こちらはレボン・タンダイからのMOLEX定期便と接続を取っていて、クタフンからはブンクル行きに接続しているとは便利なこと。

3, Molex Operation

Trains both from Napal Putih and from Lebon Tandai supposedly depart at around 8 a.m. though they often dalay. A one-way trip takes approximately 6 hours. Two bridges between Napal Putih and Lebon Tandai are collapsed. Fortunately, those bridges are close to each others. Therefore, you just need one transfer, which takes approximately 15 minutes by walk.

で、本体のMOLEXの方、双方起点からの出発は朝の8時頃だけれど、今は片道6時間もかかるんですか。橋が2か所落ちて荷物を積みかえなければならなくなった(乗客は徒歩15分ですか)のが痛いですね。

4, Places to stay

In Napal Putih, the trafel driver took me to a local's house. I stayed in the garage of the house. One of the residents is a Molex driver. I tried to pay for one-night stay but they refused to receive it. In Lebon Tandai, I stayed in the village office. The price for it is also unclear because I was not asked to pay.

ナパールプティでは、運転士の家に民泊で、レボン・タンダイでは村の事務所にお泊りでしたが、宿泊費の支払いは求められなかったとのこと。なんか素朴な方々ですが、日本人的には幾らかでも支払った方がスッキリしますわね。

ということで、S本さん、詳細情報の提供をありがとうございました。もし更なる情報を希望される方がいらっしゃいましたら、ご本人にお繋ぎしますので、当方までご連絡ください。

I appreciate the information you offered on your blog and by personal e-mails. Without those information, I could not have successfully finished this visit. Thank you very much.

Sincerely yours,

どういたしまして。こうやってお互いが最新情報を提供し合って、次の訪問者の方のお役に立てればうれしいです。私も他の方々のブログやサイトなどから色々貴重な情報を頂戴して、楽しませていただきましたしね。
もし宜しければ、拙ブログを活用して現地を往訪された方、フィードバックを頂戴できれば、こうやって後から行かれる方のために提供させていただきますので、もし差支えなければ宜しくお願いします。

|

« 鉄道模型計画 その9. 展示台を作る。 | トップページ | 出張で帰国します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/63587119

この記事へのトラックバック一覧です: スマトラの森林軌道「MOLEX」最新情報。:

« 鉄道模型計画 その9. 展示台を作る。 | トップページ | 出張で帰国します。 »