« 観光特急「しまかぜ」で出張。 | トップページ | 気分を変えて(また出張)。 »

2016年5月14日 (土)

出張で夜行バス・・・

出張続き。
賢島から少し戻って五十鈴川、と続けて打ち合わせを終え、三重県庁の方の案内で「夕食食べましょう」と途中下車したのは松坂。松阪牛!とはいっても、高級ステーキではなく、我々庶民が気軽に食べられるレベルの焼肉、それもホルモンとか初めて食べる膵臓とか、ゲテモノではないけれども王道ではない種類の、良い牛のそういった部位のお肉がお安く食べられるということでお薦めなのだそう。今日もビール飲みながら3人でたらふく食べて1万円少々ということで、「松阪で焼肉食べてきたでー!」と話のタネになるし、まあ満足満足。

それは良かったのだけれど、松阪駅から急行電車、津で特急に乗り換え名古屋に戻るところ、なんでも信号故障が発生したとやらで名古屋の手前で遅れ出した。3駅ほど手前から、動いたり止まったりを繰り返しつつ、時間だけが刻々と過ぎて行く。
結局22分ほどの遅れで近鉄名古屋駅に到着するも、最終の東京行き「のぞみ」には間に合わず。

さあどうしましょー…、と次長と二人顔を見合わせ、自腹で1泊も考えはしたものの、明日土曜日も午後一から打ち合わせが入っており、結局夜行高速バスに。
と言っても当日の晩だ。今日は金曜、東京ディズニーランドあたりに遊びに行く若者で夜行バスは相当に混んでるだろう。時間はもう22時半近く。幾つかの会社に電話しても「電話受付は17時まで、また明日ドーゾ」と呑気な自動音声応答が返ってくるばかり。
取り敢えず名古屋駅前のJRハイウェイバスの切符売り場に駆け込むと、22:50発の3列座席の「ドリーム号」が1席、23:10発の4列座席の格安「青春ドリーム号」が1席のみ空いているという。
次長と顔を見合わせ、ジャンケンポン!(笑)  結果、勝った私が3列座席の、次長は若者たちに囲まれながら青春ドリーム号で帰京することになりました。腰痛が酷い中、ちょっとだけ良い方になったのは幸いでしたが、この歳になって出張で夜行バスとは。新幹線で帰っても全額支給されるけれど、安い高速バスで帰っても領収証で実費しか支給されず、手元に一銭も残らないわけで、やってられません。
教訓。最終に乗る時は、余裕ある行程を組もう。
Dreamp1190268
途中上郷サービスエリアにて。ホントなら今頃はもうベッドで横になってた時間・・・

|

« 観光特急「しまかぜ」で出張。 | トップページ | 気分を変えて(また出張)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/63662183

この記事へのトラックバック一覧です: 出張で夜行バス・・・:

« 観光特急「しまかぜ」で出張。 | トップページ | 気分を変えて(また出張)。 »