« 日本製中古電車の終の棲家へ・・・ チカウム駅訪問 | トップページ | ソロ・タシクマドゥへ(陥落確認)。 »

2016年6月22日 (水)

トレインビュー・・・ 外れ。

ジャカルタに戻って土曜の夜のお泊まり、は最近は特段の事情がない限り、電車が見える部屋即ち「トレイン・ビュー」を探しているわけなのですが、今回は地図で見て選んだのはこちら。

ジャカルタ中心部の環状線、マンガライ~スディルマン間で川に沿って走る区間がありますが、その川の反対側、通りの名前でいいますとJl.Sultan Agungに新しくオープンした「D’ Hotel」なる、税込み30万ルピアほどの最近よくあるローカルチェーンのビジネスホテルなのですが、結論から申し上げますと、ダメでした。
Dimg_0224
「線路側の部屋」からの眺めはこんな感じで、川の向こうに線路があるのだけれど… 
窓が開かない以上、写真はどうしようもないです。

確かに位置的には見えても不思議じゃないし、電車の走り去る音もよく聞こえるのですが、そのからの南側には幹線道路が走ってて結構うるさいんですね。なので窓は二重、ロックがかかってて開閉不可ということで、とても窓から電車の写真撮ったり出来るところではありませんでした。残念!

なおホテル自体は、部屋自体は確かに狭いものの、出来たばかりで清潔、電源プラグがすべて当地主流の2本ピン型で、日本型の・・・ A型とか言うんですかね、これが一つもなかったのは充電に困りました。裏技(というほどでもないですが)で、テレビの裏の入力端子のUSBから電源をとれたので助かりましたが。
Dimg_0227
ホテルの玄関前からだとこんな感じなんで、上からの眺めを期待したんですが…


|

« 日本製中古電車の終の棲家へ・・・ チカウム駅訪問 | トップページ | ソロ・タシクマドゥへ(陥落確認)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/63854991

この記事へのトラックバック一覧です: トレインビュー・・・ 外れ。:

« 日本製中古電車の終の棲家へ・・・ チカウム駅訪問 | トップページ | ソロ・タシクマドゥへ(陥落確認)。 »