« タイ~マレーシア国際列車廃止の模様。 | トップページ | いつもどおりではない帰路。 »

2016年7月16日 (土)

ジャカルタへ。あと何回あるかな。

帰って来て早々、この週末はジャカルタへ。
といっても今回は鉄要素ゼロなので、もう記録するだけという感じですな。

土曜日朝の往路は、朝の08:20発、直前の購入になってしまってRp.960,000ととっても高かったBatik AirのID6391便。しかも今回はA320への置き換えが進むこの会社としては珍しくなったB737-900型機。しかしこの機体、導入後ホンの数年ほどと新しいにも拘らず、随分と草臥れた感のある室内。なんでこんなに速くヤレてくんだろうね、この国の乗り物は。
13669078_1063293473759663_813227146
乾季だというのに、最近よく雨が降るスラバヤです。
相変わらずの機内食。後で食べればいいや。
Img_0514

タクシー乗り場が従来の会社別ではなく、各社のタクシーが混ざって列を作り、乗客も来た車に乗るという方式に変更になっていたスカルノ=ハッタ空港のターミナル1から市内へ。
インドネシア人のブルーバード信仰もなかなか激しいようで、以前も他社は空車が待っているのにブルーバードだけは長蛇の列ということが良くありました。
こちらは、昼間だったり、複数で乗る時などはあまり気にせず他社のタクシーも乗ってたし、ブルーバード以外でも「Taksi Ku」「Putra」「Gamya」「CipaGanti」などの各社ではトラブルにあったこともないので、普通に使っちゃってます。この日も、Gamyaの緑色のクルマが停まって前の女性連れが躊躇していたので、「乗らないんなら僕乗るよ」と追い越してさっさと出発してしまいました。

Img_0525
スナヤンからBlok-M方面に向かうあたり、線路が地上に出て来て高架線へ。

今日の泊まりは東京からのヲタ友K原君が泊まって、いるいつものBlok-Mの安ホテルに居候させて貰うのだけれど、来るたびにこのブロックM付近のMRT工事現場の進捗状況を見るのは楽しみですね。現時点では2019年初頭と予定されているジャカルタのMRTの工事現場、特にスナヤンを過ぎて地上に出て、ブロックM駅の予定されているブロックMプラザ前付近までの工事現場は、着々と工事が進んでいるのが肌で感じられます。Mimg_0534
ブロックM駅付近の高架が太くなっているあたり。

Img_0543
スナヤン付近。近く導入される予定のロードプライシング用の機器が設置されていました。

Img_0538
道端の歩道には、建設作業員向けの食事を供する屋台が。この国らしいですね。

|

« タイ~マレーシア国際列車廃止の模様。 | トップページ | いつもどおりではない帰路。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/64008549

この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタへ。あと何回あるかな。:

« タイ~マレーシア国際列車廃止の模様。 | トップページ | いつもどおりではない帰路。 »