« マカッサル出張で体調崩す… | トップページ | 初ジョホール・バル空港経由でお出掛け。 »

2016年7月 3日 (日)

鉄道模型計画 その12. JR103系電車(二次塗装)。

こちらはいつもの3Dプリンタ製ではなく、ごくごく一般的な市販品のBトレインショーティ・モデルの塗替えです。
とはいえ、当初導入元の武蔵野線時代のオレンジ一色そのままでジャカルタで走り出した103系電車が、この塗装に塗り替えられた時には目を見張りました。当時、新潟色っぽい!と(親しみをもって)評されたこの最初のJABOTABEKオリジナル塗装は、ジャカルタにおける103系の各塗装の中でもお気に入りで、未だに当Blogのトップを飾り続けているくらいですから。
Bcimg3092_2
その後この103系電車は、8連2本と小所帯ながらも、全般検査毎に塗り替えられ、仙石線に少し似た感じの青色系塗装、JR東海にそっくりな白地に緑橙ラインを経て、最終的にはJEBODETABEKコミューターの標準塗装になり、運用を離脱して現在に至っています。日本の車両のデザインを持ち込んで見せた、日本人鉄道ファンの提案が次の新塗装に採用されたという話もあったようですね。

最後の頃は、都心部の短区間フィーダー運行などに入っていたため、そのMT55型と称される国鉄型のモーター音の雄叫びを目一杯楽しむという状況にはなかったようですが、私たちの世代にとって東京の電車・国電と言えばこの103系であり、その象徴であるこの形式がインドネシアの地で走り続けていることは誇らしくもあり、たまーに乗車機会に恵まれると、くじに当たったような、なんだか得したような気分になったものです。

この小さな3両編成の電車も、小型レイアウト上で、スカ色の電車や国鉄標準ツートーン塗装の気動車なんかに紛れ込ませても違和感なく走らせてられるかもしれません。
自分で線一本のデータから作りあげたオリジナルの3Dプリンタ製車両は勿論愛着もあって愛でていたいものではありますが、既製品であってもこの車両にはなにか特別な感情を抱いてしまうのです。
Bcimg3095_2
反対側は非ATCの低運転台車として組み立ててみました。

|

« マカッサル出張で体調崩す… | トップページ | 初ジョホール・バル空港経由でお出掛け。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/63879344

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型計画 その12. JR103系電車(二次塗装)。:

« マカッサル出張で体調崩す… | トップページ | 初ジョホール・バル空港経由でお出掛け。 »