« クルタジャヤ号火災事故。 | トップページ | 今度はラオスへ。 »

2016年8月29日 (月)

新型エコノミ、スラバヤにも。

既に去るレバラン臨から営業運転に入っている(その後続けて使用されてはいないらしいが)こともあって今更感はあるのですが、件の今年の新型客車、そのエコノミ版がこのスラバヤでも運行開始(但し試験運行)ということで、当地紙が2日連続で取り上げていたので、備忘録的に上げておきます。
今日29日の当地主要紙「Jawa Pos」(25,35面)の記事は、こんな感じ。
Jawapos20160829ekonomiac
「設備は刷新、料金そのまま。 エコノミー列車に新型車輌登場」

28日、国鉄PT.KAIのエコノミー列車に、新デザイン車輌が登場した。スラバヤのグブン駅からジャカルタのパサール・スネン駅までの間を走り、料金はエコノミー料金のままで車輌はエグゼクティブ・クラス並みの快適なものだと好評だった。10両編成の列車はこの日の午後14:55にグブン駅を出発、途中ジョンバンやマディウンなど沿線の幾つかの駅に停車し、乗客は合計約500人になり、終点パサール・スネン(翌05:13着)まで運行された。直角座席の従来のエコノミ客車(106席)と異なり、1輌に80座席しかなく広々とした配置、シートは傾斜し柔らかく、各車輌にテレビが設置され、荷物置き場も広い(新型車輌ではエグゼクティブ・クラスは50席を配置)。乗客の中には、一旦車内に入ったものの、上級クラスの車両ではないかと再度ホームに降りて係員に尋ね直す者もいたという。
国鉄PT.KAIでは今後、快適な鉄道の旅を提供するため、料金は据え置いたまま、全てのエコノミー車輌を順次新装車輌に変えていく予定で、その後エグゼクティブ・クラスも改装車輌に交換していく予定の由。

なのだそう。ということは、やっぱり二等Bisnis車はこのまま自然消滅していくのですな。

この日の運行はKLB(Kereta Luar Biasa:臨時列車)扱いで列車名もなく(列車番号は10913列車という番号が割り当てられた由)、翌日以降も試験運行が続けられているのかは不明(少なくとも予約サイトでは当該列車は出て来ません)。
↓こちらの車両は、ジャカルタ~ジョグジャ間の特急「Argo Dwipangga」に連結された一等Eksekutif仕様の新型車輌ですが、当方いずれのクラスもまだ未乗です。
残り少なくなってきた当地の任期中に新型車輌、乗る機会があるでしょうか…
Argonew16p1230698

|

« クルタジャヤ号火災事故。 | トップページ | 今度はラオスへ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/64133490

この記事へのトラックバック一覧です: 新型エコノミ、スラバヤにも。:

« クルタジャヤ号火災事故。 | トップページ | 今度はラオスへ。 »