« 撮影ツアーへ(その・おまけ) | トップページ | ジャカルタ撮影行(その2) »

2016年8月17日 (水)

今度はジャカルタへ撮影行。

前の撮影行の話が随分長くなっちゃったんで、この週末のジャカルタ行きはバックデートにて失礼します。っていうか、2日出勤してまたお出掛けとは、そりゃあ上司も多少は(かなり?)嫌な顔します。

土曜日の朝は、08:20発、(乾季だというのに)雨上がりのスラバヤ・ジュアンダ空港からジャカルタ・ハリムへBatik Air ID7510便で飛びます。前回の草臥れたB737ではなく、今日は新しいA320(PK-LAJ)。定刻より10分早く搭乗開始は良い良い。
機内で顔見知りの州政府の高官ご夫妻にお会いしたりしながら、離陸してしまえばあっさり寝てしまって一瞬でジャカルタ着陸。
Batik320hlp08131
ウィングレットつきのA320でハリム空港へ。2014年11月導入のまだ新しい機材のようです。

市内パンチョラン地区のビジネスホテルに一旦荷物を置いて、マンガライ駅で東京からの友人というかおっとっと先生をお出迎え… の前にホームで少し写真を撮っていたら、駅員に咎められて「許可はとったのか」と駅長室へ連行。独立記念日を狙ったテロ対策での警備強化かと思いきや、PKD(警備)ではなく、駅員だったので、おや?とは思ったのですが。

で、当該駅員氏も、現れた駅長?氏も物腰態度は穏やかなので、こちらも穏やかに、「許可と仰るが、貴社の上層部にお会いした際は、許可証など不要、自由に撮ってくれて構わんと仰っていただいているが。」と述べるに、曰く、商業誌への掲載目的などビジネス目的であれば、正式の許可書を取っていただく必要であるが、個人の趣味として撮影する分には、(商業目的でないことを自分たちが把握するためにも)一言こちらに申し出ていただければ、とのこと。
イチイチ面倒くさいことこの上ないが、それだけで咎められずにホームの隅で撮影できるのであれば、日本からJABODETABEK電車の撮影にいらっしゃる日本人各位におかれては朗報であろう。他の駅でも同様の扱いで統一されていれば、という話ではありますが。
Ap1230345mri
少なくともマンガライ駅では、一言断っておけば、文句は言われないという事であれば、まあそれはそれで良しと。

|

« 撮影ツアーへ(その・おまけ) | トップページ | ジャカルタ撮影行(その2) »

コメント

あさのです様、(変?)
そうですねー、一言断ればいいとは言われましたが、ちょっと一介の旅行者としてはハードル高いですよね。
後で後悔しないように、今からでも、今出来ることは今する!ようにしましょう! 自戒を込めて。

投稿: 落花生。 | 2016年8月26日 (金) 00時22分

おっとっと様、
お返事遅くなり失礼しました。
この度のジャカルタご来訪の際のトラブル、散々でしたね。本件については是非統一運用して貰いたいものです。
まあ、当地で日系企業各社が官憲当局との間で日々直面しているトラブルと根っこは一緒なようなもんですから、この国である以上、それは望めない、避けられない話なのかも知れませんが。
ともあれ、新たな撮影地の公開など、レポート公開を楽しみにしております!

投稿: 落花生。 | 2016年8月26日 (金) 00時19分

マンガライ駅で勝手に線路に降りて写真を撮りまくったあの楽しいひとときは、もう帰ってこないのですね(涙)
もっといいカメラを持っていけばよかったと思いますわ~。でも、エコノミ電車の屋根に座る人々を見られたのはよい思い出です(T_T)

投稿: あさのです | 2016年8月24日 (水) 00時48分

こんばんは、先日は楽しいひとときをどうもありがとうございました!
SLツアーのレポートに続いてマンガライでの撮影話もアップされるとは、ご執筆作業の速さに驚くばかりです!
おかげさまで、パクアン急行様とのその後の1.5日間は無事撮影が進み、新たな撮影地の開拓も実現しました♪
それにしても、駅での撮影については共通ルールを是非作って頂きたいものですね……。趣味かどうかを最終的に判断するのは、現状では彼らの気まぐれに依存しているわけですから! 本社の許可も、ネット経由で申請すればすぐに出るなら、是非こちらもそうしたいものです。

投稿: おっとっと | 2016年8月17日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/64073135

この記事へのトラックバック一覧です: 今度はジャカルタへ撮影行。:

« 撮影ツアーへ(その・おまけ) | トップページ | ジャカルタ撮影行(その2) »