« 撮影ツアーへ(その3) | トップページ | 撮影ツアーへ(その5) »

2016年8月10日 (水)

撮影ツアーへ(その4)

そしてその後は工場に戻って、今度は夜のお楽しみ。大花火大会です。
ここで一行のリーダーであるプロカメラマンのK谷さんが強くお薦め中のOLYMPUS OM-Dというカメラを「試してごらんよ」と貸してくれたのですが、
このカメラに搭載されている「Live Composit」なる新機能には驚かされました。
なんでも、長時間露光の過程において、「通常のバルブ撮影では全体が明るくなりすぎるようなシーンでも、明るく変化した部分のみが合成されるライブコンポジットを使えば、全体が明るすぎることなく、明るい建物を背景として星の日周運動や花火、蛍の飛翔などの切れ目のない美しい光跡を表現できます。」(同社公式サイトより)なのだそう!

これは夜空の星の流れとか、花火大会であちこちで少しずつ時間をずらして広がる花火なんかを一度に撮ったりするのに活用できる機能なのですが、
この蒸機撮影のフィールドでは、夜に蒸機の煙突から噴き出す火花を長時間露光で撮ったりする際に極めて有効で、ボリュームのある画像を素人でも簡単に撮ることが出来るのですね。
Sp8082759
こんな感じで。自画自賛しちゃいますが、とってもキレイ♪

|

« 撮影ツアーへ(その3) | トップページ | 撮影ツアーへ(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/64070294

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影ツアーへ(その4):

« 撮影ツアーへ(その3) | トップページ | 撮影ツアーへ(その5) »