« そして転勤します。 | トップページ | 久々の汽車乗り。 »

2016年10月16日 (日)

ヤンゴンでの平穏無事を祈り

ヤンゴン2日目。
今日はダディンジュと呼ばれる満月のお祭りの日なのだそう。天界で説法をしているお釈迦さまが年に一回下界に戻ってくる日で、その道しるべとしてろうそくや電飾を灯す、のだそうで、
ヤンゴン1の、いやミャンマー1といってもよいのでしょう、この国の象徴でもあるシュエダゴン・パゴダに行ってみました。
14642371_1138993896189620_245705226
夕暮れ迫るシュエダゴン・パゴダ。

ここを訪れたのは初めてミャンマーに来た、アフリカ在勤時代の一時帰国の途中に寄り道した時なので、もう15年ほど前のこと、以来久し振りの訪問ですが、雰囲気はよく覚えてました。東西南北4か所の階段状の参道を靴を脱いで裸足で、両側のお店を冷やかしながら上り、最上部の広場を、パゴダを一周するようにろうそくが置かれ、この夕暮れ時に合わせて三々五々やって来た多くの地元の人々や観光客が火をつけて周っていました。

14716174_1138993906189619_610027644
皆でろうそくに火を灯していきます。

このミャンマーでは自分の生まれた「曜日」が重要なのだそうで、自分も火曜日であることを確認して来たので、その火曜日の方向と定められたパゴダの南東方向に周り、これから数年間のミャンマー生活の平穏無事をお祈りさせて貰いました。
Dtimg_1775_2
帰り道。熱気球を上げている住民の皆さん。近所の家の屋根に落ちて火がつきそうになって大慌て。

|

« そして転勤します。 | トップページ | 久々の汽車乗り。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/64368065

この記事へのトラックバック一覧です: ヤンゴンでの平穏無事を祈り:

« そして転勤します。 | トップページ | 久々の汽車乗り。 »