« タウンジー駅訪問。 | トップページ | タウンジーのバルーン・フェスを見に行く。 »

2016年11月20日 (日)

カックー遺跡へ。

今日の目的地は、カックー。といっても知っている方の方が少ないでしょう。
詳しくは検索していくかガイドブックなどを見ていただくこととして、要は寄進で建てられたたくさんの仏塔が建ち並んでいる、この地域に住むパオ族の信仰の中心地、なのだそうです。
Kkp1240844
タウンジーからカックーへ向かう鉄道の線路状態はこんな感じ。

パオ族というのも今回この地域を訪問しようと思って初めて知った名前ですので、当方に詳しく語る資格はありませんので詳しい方のご説明を待ちたいとは思いますが、一時はビルマ中央政府と敵対して武力抗争を続けて来た歴史を持つエスニック・グループで、その関係でこのカックー遺跡のある地域も近年、2000年頃まで外国人の出入りが制限されてきたのだそうです。
Kkp12408471
パオ族のガイドさん。なかなかの英語を話す、女子高生だそうです。

また、ごく最近まではパオ族ガイドの同行なしではこの遺跡を訪問することは出来なかったそうですが、恐らくは雇用創出の意味もあって実施されてきたこの施策も現在では実態として有名無実、多くの観光客がそのままカックー遺跡までやって来て、入口で入域料(3米ドル/人)だけを支払って、遺跡の中に入って行っていました。Kkp1240857_2
遺跡の一角にはこのような綺麗な水面写真が撮れる場所も。順番待ちですが(笑)

遺跡の方は、12世紀頃に建造されたとは言うものの、古くからの仏塔は壊れかかったものが僅かに残っている程度で、殆どの仏塔が後世、最近になって修復されたもので、更に最近の台風で塔の上の飾りが曲がったり取れたりしているような状況で、まあ熱心な仏教信徒でもない当方としては、それほどありがたいとは思わない、観光地に一つ来たな、という感じでした。
Kkimg_2120
「仙台駅前」行きのJR東日本のバスが観光バスとして来訪中。思わず近づいて行っちゃいます。
こちらは偽者っぽいな。つばめマーク、人気なのかしら。
Kkp1240866


それでも、ヤンゴンでいつもお世話になっている日本語パートナーズの先生と偶然出会ったり、遺跡の入口前で素敵なバスに出会ったり(笑)。
そしてこのカックー、遺跡のすぐ手前には、殆ど廃屋のように見えなくもないですが、上述のタウンジー~ナンサン間鉄道路線のカックー駅があるのですね。この駅を使ってカックー観光をしようと思うと… これがまた容易ではないんです。
Kkp1240865
カックー駅舎。駅員はおろか、時刻表の掲示もありません。観光地の玄関口としてはちょっと寂しい状況。

タウンジー07:00発155UPの列車に乗るとカックー08:59着、なのですが、その1駅手前のハンシー(Hangsi)駅で上りのタウンジー行き154DN列車とすれ違ってしまい、次のタウンジー方面行き列車は夜の21:23発までありません。タウンジー午後の列車は前述のとおり14:20発、カックー15:59着ですが、それで降りて観光の後、日が暮れて、3時間もこの廃墟のような駅で列車を待つのもなんだか嫌ですよね。というわけで、帰りの足を別途何とかしなくてはならない… 実質的には使い物にならないという残念な状況でした。
Kkimg_2126
草生したカックー駅から遺跡(門の向こう)方面を望みます。

|

« タウンジー駅訪問。 | トップページ | タウンジーのバルーン・フェスを見に行く。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/64622302

この記事へのトラックバック一覧です: カックー遺跡へ。:

« タウンジー駅訪問。 | トップページ | タウンジーのバルーン・フェスを見に行く。 »