« カレイミョ駅訪問。 | トップページ | 初めてのネピドーへFMI Airで飛びます。 »

2016年12月14日 (水)

カレイミョのLRBE、他。

そしてこちらがカレイミョのLRBE。61号車は先日のマダウ支線の56号車の同型車のようですが、いい感じに錆びてますね。
ヤンゴン近郊(とはいえ数時間かかる訳ですが)とは異なり、そう簡単に重整備が出来る整備工場があるわけではないこの地域の車両、最低限の走行機能はこの機関庫で保守作業が出来るようなのですが、それ以上になると、ちょっと容易ではなさそうなのです。
Kmimg_2822
カレイミョ駅で出発を待つナッチャウン行きLRBE編成。

というのも、機関庫のスタッフに話を聞いてみましたところ、このエリアの運転形態は以下のとおりだそうで、恐らくパコックやマンダレーにあるであろう整備工場までは線路が走行可能な状態で繋がっておらず、自走していけないようなのです。
Kmimg_2826
日本のヨ太郎緩急車に似たLRBT客車は、マダウ支線と異なるロングシート仕様。

Kmimg_2838

以下、機関庫のスタッフが説明してくれた内容、このカレイミョ地区関連の列車運行状況です。

1002DN列車 カレイミョ05:00→08:20ハンタワディーHan Thar Wa Di(D1B+LRBTによる運行)、
終点ハンタワディーでガンゴー(Gan Gaw)行き140DN(DF1642+BTDS)に接続、ガンゴー12:00着、
折り返し、
ガンゴー13:20発の139UPを受けて、ハンタワディー17:50発→20:40カレイミョ着(1001UP)
の客車列車1往復と、

ナッチャウン発06:30→07:40カレイミョ着の1003UP列車(LRBE)
折り返しカレイミョ発11:30→12:40ナッチャウン着(1004DN)
という2往復の列車が運行されているそうです。

カレイミョからの距離は、MR公式によれば、ナッチャウン(約14マイル)、ハンタワディー(約38マイル)、ガンゴー(約83マイル)、ヂョー(約119マイル)、パコック(約210マイル)とのこと。

Kmp1260126
珍しく普通の数字で書かれた、ナッチャウン駅の時刻表。4往復時代のものですが、なんとなく現在の時刻にも適用・類推できる部分が多そうです。

ガンゴー以南は、ヂョー(Kyaw)までの区間(約36マイル)は線路状態不良のため列車の運行がなく、ヂョーからはパコックまでは旅客列車が運行されている由(時刻は分からないと言われました)。朝パコックを出発するヂョー行きの列車(があれば)に乗って、終点ヂョーから何らかの方法でガンゴーに移動して、同駅を昼過ぎに出発する列車に乗りついて、終点カレイに到着、あるいはその逆ルートが取れるのでしょうか。

もしパコック訪問済みの方で情報をお持ちであれば、是非共有いただければ嬉しいです。

Kmimg_2887
終点ナッチャウンに到着。ここから先は、次回のお楽しみに。

Kmp1260130
運転士と車掌はここで駐泊するため、2階がそのための施設なのか、立派な駅舎になってます。

|

« カレイミョ駅訪問。 | トップページ | 初めてのネピドーへFMI Airで飛びます。 »

コメント

RBE迷さま、
貴重な情報ありがとうございます。パコック~カレイミョが一日で乗り通せないとは、また乗り鉄には厳しい運転スケジュールですね。ここに限った事ではありませんが。
こちらこそ、今年は本格的に(笑)宜しくお願いいたします。いただいた情報の何分の一かでもお返しできますように…

投稿: 落花生。 | 2017年1月 1日 (日) 17時22分

こんばんは。
カレーミョは行ってみたい所なのですが、他のエリアで新列車の運行等が相次いでいるため行く暇がありません。今回、近況を見る事が出来て本当にありがたいです。
4月時点のパコック時刻表では、129Up Pakokku500→Kyaw1330、130Dn Kyaw600→Pakokku1450となっており、1日で走破は無理になっていました。当時は「139Up/140DnはKalayまで行かずtha1001Up/tha1002Dnに乗換」「tha1007Up/tha1008Dnは健在」という過渡期でした。
今年は後半お世話になりました。来年は本格的によろしくお願い致します。良いお年を。

投稿: RBE迷 | 2016年12月31日 (土) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/64696114

この記事へのトラックバック一覧です: カレイミョのLRBE、他。:

« カレイミョ駅訪問。 | トップページ | 初めてのネピドーへFMI Airで飛びます。 »