« カレイミョからチン州へ。 | トップページ | カレイミョ駅訪問。 »

2016年12月12日 (月)

チン州北部を行く。

取り敢えず「24時間温水シャワー供給」が売りの、ティディムの街で一番というゲストハウスで1泊、チン州2日目はまだ暗いうちに出発し、更に北部のトンザンという街の学校サイトと、少し戻ってまた山道に分け入った上のアンランという村の保健所サイトを往訪してきました。
Cnimg_2748
雲海を眼下に望みながら朝の山道(幹線道路)を走る。綺麗なんですけど、中に入ると、ただの濃霧なんですよね…

このあたりの道、途中一緒になったチン州の福祉大臣の説明によると、先の大戦の際にインパールを目指した日本軍が建設した道路なのだそう。その後、大きな改修工事も行われていないとのことで、作戦が失敗に終わり、このマニプール川沿いに南下していく過程で、多くの日本軍将兵が飢えと疾病で命を落とした、その道ということです。沿道にも多くの遺骨が残っているのかもしれません。
Cnimg_2776
トンザンのメインストリート。なんとなくチベットの香りがするのは気のせいでしょうか。
奥の外人さんは、イギリスから来た宗教系NGOの方々。

現在でも首都や平野部の発展からは大きく取り残され、電気もナショナル・グリッドには接続されておらず、夜に数時間だけ集落単位での自家発電を行う、携帯電話は去年位から2G回線が来るようになった(MPTとOoredooのみ。Telenorは無し)、水は山の水がきれいですが、基幹産業は自家消費分の農業くらいで、多くの住民が出稼ぎに行ってます、ビクトリア山へのトレッキング客などを目当てに観光開発したりしたいのですが… となかなか厳しい地域のようです。
Cnimg_27801
アンラン村へ分け入る道の三叉路の橋の手前で、遅れて来る州政府関係者を待つため小休止。手にしているのは、歓迎行事で使われる手製の銃。一発撃ったら中を掃除するんだそうで、火縄銃に近い?

ヤンゴンやネーピードーだけ見ててもミャンマーをわかったつもりになっちゃあいけないですね。

Cnimg_2795
左の道の上がトンザン、右の道がティディムへ向かう幹線道路。谷底にマニプール川と橋。今いるのがアンラン村。このジグザグの凸凹な悪路を四輪駆動車で上り下りします。

|

« カレイミョからチン州へ。 | トップページ | カレイミョ駅訪問。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/64695581

この記事へのトラックバック一覧です: チン州北部を行く。:

« カレイミョからチン州へ。 | トップページ | カレイミョ駅訪問。 »