« ニャウンドン駅訪問 | トップページ | Setkot分岐駅訪問。 »

2016年12月 3日 (土)

エーヤワディ川を併用橋で渡る。

ニャウンドンの街から大河エーヤワディ(イラワジ)川を渡る橋はちょっとした見物です。
実は当地ではあまり珍しくないのですが、鉄道と道路の併用橋で、とはいっても犬山橋のような併用軌道ではなく、長野電鉄の村山橋梁のように線路と道路が同じトラスの内側に納められている造りなのですが、道路と異なり勾配を緩くとらなければならない鉄道側は結構な高さのある橋の前後の随分と長い距離を築堤から高架橋で登っていくため、随分と立派な構造物になっています。
Ayp1250537
長大な鉄道用の高架橋が近づいてきます。

これだけの橋を作るには相当の政府予算が投じられたのでしょうに、現在では列車が走っていないというお粗末さ。(最近まで使われていたそうですが…
使われていないのは、乗客数が少ないからなのか、その他の地域で洪水被害で路盤が流出したからだとか諸説耳にしていますが、いずれにしても、巨大な投資が灰燼に帰しています。勿体ない話です。
Ayp1250544
鉄道・道路の併用橋です。列車が走って来ればねえ・・・
文字は、エーヤワディ川(ニャウンドン)でいいのかな?

 

|

« ニャウンドン駅訪問 | トップページ | Setkot分岐駅訪問。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/64665840

この記事へのトラックバック一覧です: エーヤワディ川を併用橋で渡る。:

« ニャウンドン駅訪問 | トップページ | Setkot分岐駅訪問。 »