« ニャウンカシー支線に乗ってみる。 | トップページ | チャイティーヨに行ってきました。 »

2017年2月28日 (火)

ニャウンカシー・補遺。

ニャウンカシーからは先回りして貰ったクルマで更に東へ。

まず数分で国道端に出ると、ヤンゴン・バゴーとチャイトー・モーラミャイン方面とを結ぶ幹線バスの停留所があります。駅からここまではバイクタクシーで数分というところでしょうか。ここから東へも西へも行けるので、ニャウンカシー支線を単純に往復しなくてもよいということになりますね→乗り潰し派の方へ。

ともあれ当方はクルマがあるので、バス便を待たずにここから東へ向かいます。すぐに現れた大きな川はシッタン河。
先の大戦中、インパール攻略に失敗して以降、連合軍に追われ南へと撤退する日本軍の将兵が、落橋したこの河を渡河しようとして、食糧不足と疾病から体力を失った、そのかなりの数が渡りきれずに濁流にのまれて犠牲となった河でもあります。

Nksstg1
河を渡る橋脚がはっきりと確認できますね。

先の記事にも書いたとおり、当時このアビャ~ニャウンカシー支線のルートは、この先シッタン河を渡ってモーラミャインへと結んでいたメインルートであり、Google Earth等の航空写真でもはっきりと見えるとおり、当時の鉄道橋の橋脚が残っています。それが下の写真。
16864237_1269765166445825_652467137
新しい道路橋の横に鉄道橋の橋脚が並んでいます。

それと、これは戦後の話なのかも知れませんが、蒸気機関車がが相当末期、21世紀まで運用されていたこのニャウンカシー支線ですが、またその蒸機もバゴー発の往路はテンダーファースト牽引運転だった記憶がありますが(2002年)、航空写真で見る限り、どうもニャウンカシー駅の東方には機関車転回用のデルタ線があったようなのです。
Nksdelta
ニャウンカシー駅(左)から東側にハッキリとデルタ線らしき跡が確認出来ます。

ネット記事によれば、既に蒸機時代末期からニャウンカシー駅の外れには転車台が設けられていたようで、これは写真を見る限り、蒸気機関車用としてはサイズが小さいようです。最近まではこれはLRBE動力車の転回に使用されていたわけですが、一時期、蒸機とLRBEが併用されていた時期もあったのでしょうか。あるいは、以前は三角線を用いた蒸気機関車の方向転換が行われていたのかもしれません。
このあたりは詳しい方の説明を待ちたいと思います。

Nksp1270363

Nksp1270361
デルタ線部分の現状はこんな感じでした。

|

« ニャウンカシー支線に乗ってみる。 | トップページ | チャイティーヨに行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65024260

この記事へのトラックバック一覧です: ニャウンカシー・補遺。:

« ニャウンカシー支線に乗ってみる。 | トップページ | チャイティーヨに行ってきました。 »