« 特急列車でミッチーナからナバへ。 | トップページ | カター~ナバ支線に乗ってみる。 »

2017年4月24日 (月)

ナバ~カター支線とカター~バモー鉄道プロジェクト。

カチン州からサガイン地域に入ったナバ、は鉄道の分岐点となっているだけで街自体は小さく、この地域の中心都市はエーヤワディー川の河川港があるカター(Katha)という街です。鉄道も一旦はこの街に到達、川辺まで引き込まれた線路から船に荷物を積み替え、更に奥地のバモー、ミッチーナ、そして更なる奥地へと物資が運ばれていった時代がありました。
18033114_1325095770912764_707721207
カター(南)駅舎。

現在このナバ~カター間23kmの路線は盲腸線と化し、1日1往復のローカル列車が走っているだけという状況なのですが、この路線が再度脚光を浴びたのは2000年代後半、軍事政権末期の地方開発政策の一環として、多数の地方鉄道路線が建設される中の一つとして、カター~バモー間153kmの鉄道路線建設が決まり、2007年に着工、2010年2月20日にカター(カター(南)駅)~~モータジー(Moetagyi)間27kmが開通、更に2014年2月7日にはモータジー~チャウッチー(Kyaukkyi)間33kmが延伸され、衛星写真からは更にバモーに向けて相当の建設工事が進んでいるように見受けられます。
18010208_1325095840912757_919353662
こちらは、列車が来なくなってしまったカター(北)駅。あっという間に荒れ放題。

路線は、旧来のカター駅をカター(南)駅と改称、一旦西にナバ方向へと進んで右手に分岐、カター市街地を半周回り込んでカター(北)駅を経て東へ、そして北東のモータジーへと進んでいました。カター(北)駅からはナバ方面へと直接向かうことの出来る線路も設けられ、デルタ線が形成されています。列車の運行は、当国ではよくある「キリラッタニコム・スタイル」で、終点のチャウッチーを早朝発、カター着、午後カター発、夕方チャウッチー帰着で、乗務員は末端部で駐泊という運行形態で、車両は元名鉄のキハ30型RBE車両であることがネット情報として読み取れていました。
18056633_1325095740912767_878053642
カター駅で出発を待つナバ行き支線列車。DD1500+代用客車2両+荷物車ですが、2両目の代用客車は、車内にベンチがあるだけで、まんま貨車に見えますね。

だったのですが、2016年のアウンサン・スーチー女史を国家最高顧問とする現政権に政権が委譲されて以降、ミャンマー版事業仕分けとも言うべき支出削減政策が進められ、これによってヤンゴンの市内電車も運行が停止されたのですが、この路線も末端部のチャウッチー~モータジー間の運転が昨年の雨季入り前頃に取りやめになったというネット情報が流れていました。
Mp1280381
カター・ホテルの壁に飾ってあった、在りし日のカター河川港とそのすぐ傍まで乗り入れて来ていた鉄道路線を描いた絵。

18033318_1325095887579419_840493643
カター河川港。今日はエーヤワディ川を行き来する大型船の姿は見当たりませんでした。

ですので、残るカター(南)~モータジー間のみだけでも乗ってこようと考えていたのですが、
(ここまでが長~い前置き)
ナバ駅からバイクタクシーで40分、カター(南)駅には人影がないので、運ちゃんが周囲の人に聞いて教えて貰った近所の国鉄MR職員の官舎を突撃訪問して聞いてみたところ、
ここで悲報。カター(南)~モータジー間の列車の運転も、もう4ヶ月前からなくなった、使っていた名鉄の気動車(RBE2507号車:元キハ32)についても、コーリンの機関区に戻されてしまったとのこと。なーんと。ちゃんと事前情報どおり動いていれば、チャウッチー6時・モータジー7時半発の列車を捕まえるべく、借上車なりバイクタクシーの手配をするところだったんだけれど、運行されてなければ仕方がない。
Mp1280393
カター市内から近郊とを結ぶ中型バス。大型車は夜行の長距離便らしく、昼間は(中国製車両以外)見かけませんでした。

翌21日朝、未練がましくホテル(こんな街でもAgodaで予約が出来るのですね)の前から三輪タクシーでカター(北)駅に乗り付けてみたのですが、駅はご覧のとおり錆び付いたレールに落書き、ゴミ、ガラスの破損など、4ヶ月前まで列車が発着していたとは思えない荒れ果てよう。少なくとも今列車が走っていないことは確実なようでした。

|

« 特急列車でミッチーナからナバへ。 | トップページ | カター~ナバ支線に乗ってみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65210083

この記事へのトラックバック一覧です: ナバ~カター支線とカター~バモー鉄道プロジェクト。:

« 特急列車でミッチーナからナバへ。 | トップページ | カター~ナバ支線に乗ってみる。 »