« 帰路の朝のKLIAは酷い。 | トップページ | ミッチーナ駅・機関庫探訪。 »

2017年4月20日 (木)

狭胴ジェットで北部へ。

出張疲れも1日半でとれ・・・とったことにして、今日から残る連休を少しでも楽しむことにしました。

今朝のフライトは朝07:10発のエアー・マンダレー6T801便ミッチーナ行き。
以前、といっても2002年の最初の訪緬時、また2012年の正月だったかにミャンマーを訪れた時は、国営Myanma Airwaysの運行が不安定だとして、Air Baganと共に“信頼できる国内線”に挙げられていた会社ですが、その後同社の経営が不安定となり運行停止の憂き目を経て、再度国内線の運行を再開している会社です(Wikiなど参照)。その頃以来久しぶりの同社、以前はATR機による運行でしたが、現在は2機のエンブラエルERJ145機を運行しているそうで、こちらもまた日本に住んでいると珍しい機体ですよね。私自身、以前どこで乗ったか思い出せないようなレアキャラ。

18033566_1324073617681646_477751365
出発時は逆光でまともに撮れなかったので、ミッチーナ空港到着の写真で。

機内は1-2座席配置で、定員は50名ほどというから、当地国内線で主力のATR72よりも少なく、ジェット機ですので多少早いとはいえ、1時間半程度の国内線でどれほどの差が出るかといわれると、ちょっと?な気がしなくもないです。国内線各社がATR72型機で機種を揃え、整備やコードシェアなどで協力関係にある中、敢えてこれを運用するメリットというのは、どういったところにあるのでしょうね?

18010457_1323917414363933_236926819
1-2配置の狭い機内。頭上の荷物入れも、片側のみに設置されてます。

17991267_1324072227681785_263750077
国内線でも、1時間半の長距離便ということもあって、立派な機内食、ホットミール(しかも2種類から選択あり)が提供されたのは立派ですね。そんな贅沢やってるから、経営悪化するとか言わないよ。

ともあれ、国内線としては立派なホットミール(しかも2種類から選べる!だったので、チキンヌードルを選択)をいただき、一眠りするうちに、あっという間にほぼ定刻08:40、北部カチン州のミッチーナ空港に到着。
Mtnapimg_5641
右、旧ターミナル。左、新ターミナル、なミッチーナ空港。

新しくなったばかりと思しきターミナルビルにはイミグレのカウンターが設けられ、外国人は旅券やIDを提示して確認を受けるのは、以前行ったカレイミョ空港と同様。カチン州は北部と東部に外国人立ち入りが制限されている地域が多いため、どこに行くの?といった簡単な口頭のやり取りを経て無事方面。雨が降り続いていますが、とりあえず三輪タクシー(3千チャット)でミッチーナ駅へ向かうことにしましょう。

Rimg_5630
おまけ。朝のヤンゴン空港のランプバスはCobusという奴なのかな、新しいタイプでした。奥の西武バスが良かったなあ。

|

« 帰路の朝のKLIAは酷い。 | トップページ | ミッチーナ駅・機関庫探訪。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65201638

この記事へのトラックバック一覧です: 狭胴ジェットで北部へ。:

« 帰路の朝のKLIAは酷い。 | トップページ | ミッチーナ駅・機関庫探訪。 »