« カター~ナバ支線に乗ってみる。 | トップページ | DMU稼働を確認する。 »

2017年4月26日 (水)

夜行座席列車の旅。

ナバ駅から南に下る列車は、まず最初に来るのは16:32発の56DN列車、マンダレー行き。これがとれればこの列車に乗ってしまっていいのだけれど、この列車は急行扱いらしく結構俊足で、次の目的地には日が変わって程なく到着してしまいます。宿があるかどうか判らない小駅でもあり、出来るならば次の18:10発42DN列車にしたいところ。
Np1280495
駅前広場も未舗装の小さな街のジャンクション駅、ナバ駅舎。

駅舎内事務室を訪ねてみると、昨晩のナバ駅に到着した時に話をして「明日の42DN、大丈夫だよ、明日おいで」と胸を張った当直助役と思しき駅員氏は不在でしたが、あらためて次の目的地キンウーまでの切符を求めると、暫くの後、56DNは満席だけど、42DNなら大丈夫だよ、と無事に発券して貰えました。
Np1280542
今晩のチケットはこちら。外国人向けのフォーマットなのでしょうかね。

このティンジャンの水掛祭り連休の帰省ラッシュ・シーズンでもある中、この途中駅乗車の切符がとれるかを少々心配しており、満席だったらバスかなあ・・・などと考えていただけに、これはホッとしました。昨晩の話が通っていたのか、あるいは外国人枠でもあったのかもしれません。
Np1280489
特急37/38列車専用の切符売り場がホームに設けられています。

この列車には寝台車が連結されているはずなので、寝台車はないか聞いてみましたが、こちらは割当てがないのか即座に「満員」のお返事。座席で寝るのはかなわんで・・・((c)環さん)なのですが、この時期に上級座席車の切符がとれただけでもありがたいと思わなければならないな、とアッパークラスでの指定券をおし頂いたのですが、なんと料金は僅か2,900チャット(250円)っていったい、どういうことですかね。目的地キンウーまでは9時間半ほどかかるのですがね。
Np1280499
中国大連製のDF2000に牽かれた先発の56DN列車が入線。

程なく56DN列車がほぼ定時に到着し、駅ホームでは様々な飲食物の物売りさん達20人ほどが前へ後ろへと積極的に売り歩いています。
こちらは昼ご飯がまだだったので、この56DNを見送った後、駅前の食堂で3種のカレーのような料理を注文したら、これに付け合わせが4皿ほどに汁まで自動的に出てきてとても食べきらない状態。食べた分だけ払えばいいらしいのですが、これによく冷えた缶ジュース1本つけて250円ほどですから、食事は安いです。
Np1280532
この女の子が売っている、この竹の皮を巻いたようなこれ、なんですかね。

そうこうするうちに、定刻を10分ほど遅れてこちらの42DN列車が到着。今日のアッパークラスは1-2人掛けのゆったりとしたリクライニングシート、なのですが、座席は回転せず、2人/4人向かい合わせのボックスシートに固定された状態になっていました。
当方は車端部の2人掛け側の窓側席。先客は壁を背にした向かい側の、娘さんやお孫さん?に見送られて出発する女性と、次の駅で乗り込んできた隣の席と通路を挟んだ反対側に兄弟と思しき若者。の連れの身なりのよい母親と祖母?はどうやら座席がとれなかった模様。取り敢えず空いている席に座りながら車掌に「どこかに席はないか?」と交渉している模様。
Nimg_5726
DF1300型に牽引され、当方の42DN列車が入線してきました。

暫く悩んでいた車掌は、程なく2人の女性を別の車両に連れて行っていたので、首尾良く調整席か何かをあてがったものと思われる。すぐ隣には4人個室が並ぶ寝台車も連結されていたので、そちらだったのかな。であれば当方が差額払って移りたいところで、車掌に聞いてみれば良かったかなぁ。
Np1280559
寝台車の室内を見せて貰うと、こんな感じでした。次回は是非。

そして次第に薄暗くなっていく車窓を眺めながら、列車は一路南に。なのですが、徐々に遅れが出てきているのが心配なところ。明日朝のキンウー到着予定は03:50。乗り継ぎの列車は、確か5時発だった筈・・・ 

|

« カター~ナバ支線に乗ってみる。 | トップページ | DMU稼働を確認する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65236657

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行座席列車の旅。:

« カター~ナバ支線に乗ってみる。 | トップページ | DMU稼働を確認する。 »