« バスでお出掛け。 | トップページ | 短絡線の列車に乗ってみる。 »

2017年6月11日 (日)

短絡線の列車に、間に合う。

ピュンタザ・・・ という地名は日本人ミャンマー鉄の皆さんの間では少しは知られた地名ですよね。
ごく最近・・・ 今年の頭頃まで、ヤンゴン近くで最後まで現役だったLRBEあるいはカーヤターと称される簡易ディーゼル動車が現役で稼働していた、マダウ支線の列車の起点駅で、機関庫・整備工場もある駅です。
Ptimg_6319_1
到着したモーラミャイン行き列車のデッキから、胡散臭い外国人?を眺める乗客のお姉さん。

この支線の車両は元名鉄のキハ20に置き換えられてしまいましたが、それでも例えばこの7月号のRail Magazine誌にも関連記事が掲載されていましたとおり、ローカル色溢れたいい感じの支線となっており、訪れる旅人の皆さんはエキサイティングで魅力的な体験を満喫することが出来るでしょう。

と、当方のFacebookでのアウンミンガラーからバスに乗車する書き込みを見た友人の中には、バスの正面に書かれた行き先のミャンマー文字を解読して、このマダウ支線にお出掛けですね?等とメッセージを戴いた方もいらっしゃいましたが、はずれー(笑)。
今日の目的地はさにあらず。このピュンタザ駅から南に下る16DN列車に乗り込むところから今回の汽車旅は始まります。
Ptimg_6317
先頭まで行って写真を撮る時間的余裕はなさそうです。

今回の目的は、このピュンタザの南方2駅目になるEimshaylayse駅から左(南南東)方向に分岐して南下、バゴー~チャイトー~モーラミャイン方面を結ぶ幹線鉄道のシッタン川の手前にあるSuttwargon駅までを結ぶ短絡線、を1日1往復だけしている列車に乗ること。
この路線、MR公式によれば、2007年4月21日らしいのですが、その項には「21st April 2007 Daik U- Sittaung line opend.」と書かれており、正確な分岐駅である両駅の名称がなく、他の路線と同様に距離も記載されておりません(もし詳しい方がおられたら、ご教示戴ければ嬉しいです)。どちらの分岐駅も小駅あるいは分岐線の処理のために作られた信号場的な駅であるからなのかもしれません。

ともあれ、旅客営業を行う列車が走っている以上、これに乗らないわけにはいかないわけで(?)以前マダウ支線に乗りに来た際に確認していた時刻をふまえて、ゆっくり余裕をもってやって来たというわけです。以前確認した時刻によると、当該列車は分岐直前のDaik-U駅発15:20発のネピドー発モーラミャイン行き16列車、逆行は14:32発のモーラミャイン発ネピドー行きの17列車です。
Ptimg_6320_2
チャイトーまでの乗車券と、駅で購入したお弁当。Ks.800と仰るので、おつりKs.200はいいから、お肉追加して!と頼んでみました。

であればこのデェックウーから乗れば良さそうなものですが、この街の駅は国道から少し離れていて、バスから降りた後、雨の中を移動しなければならないこと(ピュンタザはもうホンの100mの駅前にバスが止まってくれます)、また折角なので、ピュンタザの機関区にLRBE君達を眺めに行ってみようかな、と考え、多少余裕をもって到着しておこうと思ったのでした。
Ptp1290204
ピュンタザの機関区。こないだと同じLRBE君たちが見えますね。

これが結果的には大正解。当方がピュンタザ駅前でバスから降りて駅に着くや否や、到着したヤンゴン方面行きの列車、聞いてみれば駅員氏はこれがそのモーラミャイン行きだと仰る。あれ、まだ13時前じゃないですか。時刻変更? 詳しく聞いてやりとりできるほど英語も通じず、時間もありません。
Ptp1290212
Eimshaylayse分岐駅の駅名票。Wikiのミャンマーの駅リストには掲載されていない駅なので、分岐点の信号場が駅に格上げになったのかな。駅周辺には何もないし。

ともあれ、そうならば話は違います。慌てて駅舎に駆け込んでIDを見せて切符を購入。もう出発・・・ですが、警乗の鉄道警察官がホームの屋台でお弁当を買っているので、まだ大丈夫と判断し、こちらも一緒に1つ購入、途中で汽笛がなるのにハラハラしながらも無事に列車に乗り込む事が出来ました。

しかしこんな時刻変更が頻繁にあるのだから困りますね。あと10分バスの到着が遅れてたら、今日1日棒に振るところだったじゃないですか。

Ptp1290209

|

« バスでお出掛け。 | トップページ | 短絡線の列車に乗ってみる。 »

コメント

こんばんは。
雨の日はハイラックスバスより大型バスが便利ですね。
DaikU-Sittoung Railroad sectionは24マイルです。
デイク-U起点の距離なのかEimshaylayse起点の距離なのかが不明ですが、線内の説明が「The railroad consists of four stations: Einchelayse, Mingalun, Myitkyo and Hsatthwagon and two halts: Palit and Fakkaleik. 」でデイク-Uの駅名が入っていない事から、Eimshaylayseからの距離ではないかと思われます。

投稿: RBE迷 | 2017年6月20日 (火) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65412213

この記事へのトラックバック一覧です: 短絡線の列車に、間に合う。:

« バスでお出掛け。 | トップページ | 短絡線の列車に乗ってみる。 »