« 短絡線の列車に乗ってみる。 | トップページ | 久々の、 »

2017年6月13日 (火)

今日も無事終了。チャイトーからバスで帰ります。

Satthwarchon駅、ミャンマー語スペルではサットゥヮーゴンと読みたくなるのですが、これでよいのかしら。ここからモーラミャイン方面への本線に入り、線路の規格というか保線状態が良くなったため、スピードを上げても揺れが小さくなった気がします。
Ktp1290280
併用橋?といっていいのかしら。シッタン河を渡ります。

程なくシッタン河を渡る鉄橋、ですが、この橋、当地ではよくある自動車道路との併用橋と言ってよいのかな。鉄道のトラスの横に、同じ橋脚に支えられているのか?片側1車線程度の幅の自動車用道路が収まっており、両端には遮断機が設けられて自動車の通行を統制しています。まあこの区間は、先日訪問したニャウンカシー経由の道路の方が幹線道路となっているため、こちらはこれでよいのでしょう。
Ktp1290300
橋を渡った列車は、大分状態の良い線路を南を向けて快走していきます。

橋を渡った最初の駅はTheinzayat。殆どの急行列車が停車する駅で、さすがは古くからの幹線ルート沿いだけあって駅前集落の人出は新線短絡線区間とは比べものにならず活気があります。
Ktp1290297
広いモッパリン駅の構内には、DD501号DLが。荷役作業がある駅なのでしょうね。

続いてニャウンカシーからの旧線と合流するモッパリン・・・を通過。この駅は国道からもほど近く、ここで下車して廃線跡を探索してから、国道端でバスを拾って帰ってもいいな・・・と考えていたのですが、残念ながらこの駅はこの(列車名変わって)15UP列車は通過。このまま当方の下車駅チャイトーまで無停車で快走していきます。その車窓右手にはシッタン川の流れが眺められ、左手に続く山並みとの間には、中部の乾燥地帯と比べて見るからに豊かな農村地帯が広がっています。
Ktp1290301
右手遠くにシッタン河の流れを望みながら。

170610ygnbgomlmdw_ttb
今回のおまけ? ヤンゴン・バゴーからモーラミャイン、ダウェイ方面路線の時刻表を載せておきます。

その後、Google  mapでは「Kyaikkathar Ancient  City」と書かれた、世界遺産に登録されたピュー遺跡のような中を通るのか?と期待させたエリアを、車窓からは何の痕跡も感じさせることなく通過し、程なくほぼ定刻17:44どおりに本日の目的地、ゴールデンロックことチャイティーヨへの入口となるチャイトー駅に到着。
Ktp1290312
観光地らしくしっかりとした造りのチャイトー駅に無事到着。

以前ヤンゴンからキハ181系を使った観光特急が運転されていたこともあるだけの事はあるこの当国内有数の観光拠点の駅、当地では珍しい掘り割りの中に設けられたしっかりしたプラットフォームと、階段を上がった駅舎前から堀の反対側に渡るための立派な橋が架けられています。
Ktp1290329
駅舎の正面玄関側は・・・ あれ、色気のない建物ですね。

その駅舎にお邪魔して担当助役氏と思しき方から暫く説明を戴いた後、跨線橋を渡って反対側から徒歩数分の国道端まで歩き、定刻18時半発、実際には19:25発になってしまった、タイ国境ミャワディーからのヤンゴン行き長距離バスを捕まえることができました。ここからは途中食事休憩や給油などを含めて3時間半ほどでヤンゴンのアウンミンガラー・バスターミナルに無事到着。ヤレヤレでした。
Ktp1290316
あと一息、終点モーラミャインに向けて走り去って行きました。

Ktimg_6338
このHyundaiのバスでヤンゴンまで帰ります。

|

« 短絡線の列車に乗ってみる。 | トップページ | 久々の、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65462101

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も無事終了。チャイトーからバスで帰ります。:

« 短絡線の列車に乗ってみる。 | トップページ | 久々の、 »