« 短絡線の列車に、間に合う。 | トップページ | 今日も無事終了。チャイトーからバスで帰ります。 »

2017年6月12日 (月)

短絡線の列車に乗ってみる。

ピュンタザを出発した列車は、一つ南のDaik-Uに停車後、すぐに本線から分岐していくのかと思っていたら、実際の分岐は手元のMR公式路線図には載っていない小駅、「EimShayLayse」でした。ネット上で見つけられるMR公式路線図には、この短絡線が掲載されていないものと、Daik-Uからすぐに分岐するように書かれているものの2種類がありますが、実際はそのどちらでもありませんでしたね。正確さを気にする日本人鉄の皆さんにとっては、この国の鉄道、色々イラッとする部分あるかも知れません。

Ptp1290215
本線から分岐していきます。

ともあれ、エインジャイレイゼーとでも発音すれば良いのでしょうか、この駅を出発した列車は大きく左手にカーブを切って本線から分岐、しとど雨降る中豊かに水を蓄えた池や、牛が堤で草を食む田んぼが広がる光景の中へ。流石に(それなりに)まともだった本線に比べて、10年も経っていない新しい路線なのですが、整備状態が悪いようで乗り心地も速度もガタッと落ちました。
この路線、地図で見ると右下、南東方向に一直線に伸びています。農村地帯で人口も希薄、住民移転もあまり要さなかったのではないかと察せられます。軍政下ですから、そんな事も気にせず強権的に、地図の上に定規で線を引いて、そのとおりに建設が進められたのかも知れません。
Ptp1290222
最初の停車駅パリット停留所。当初はホーム側に線路があったのでしょうか。

そんな路線を淡々と進むこと20本ほどで最初の停車駅はPalit。駅名標もない小さな停留所です。乗降客無し。駅周辺にもなにもないので、まあそうでしょうね。
引き続いて次の停車駅Mingalunに到着すると、対向列車がこちらの到着を待っていました。
オレンジ色のDF1225号DLに引かれた編成は、ペアを組むこちらには連結されていないFirst Class車、Ordinally車4両、Upper1両、最後部に守車(Guard)を連結した7両編成のネピドー行き急行17UP列車になります。こちらの列車は以前確認した手持ち写真のDaik-U駅時刻表では14:34発ネピドー行きと記載されており、今の時刻は14:10だから、このまま進むとDaik-U着は15時頃になるでしょうか。多少の遅れはあるものの、時刻変更されていないのかもしれませんね。
Ptp1290234
1日1本の対向列車と交換。

1日1回の列車交換に合わせて物売りのおばちゃん達も出ていたこの交換駅を出ると、次は駅で10人ほどの地元住民がなにやら作業をしている駅に停車し数人が下車。被り物をしているムスリムのような女性もいますね。バングラ国境のラカイン州やヤンゴン市内でビジネスをしているムスリムは多いようですが、このようなビルマ平野の農村地域にも仏教徒と一緒に暮らしている方もいるのですね。
Ptp1290251
こちらの駅も、ホーム側には線路がありません。

そんなMR公式路線図にこの区間で唯一掲載されているMyitkyo駅を出発、車内を回っていたおばちゃん私設販売の人から3in1の甘いコーヒーを買って飲んでいるうちに、Google  mapには現れないFakkaleik停留所に停車。駅名標もないので、近隣の地名と、詳しい方から戴いた情報によりますと、ですが。
Ptp1290238
対向列車を待たせて先発します。

この辺りの車窓は引き続き田んぼが広がっていますが、よく区画整理がなされ、まっすぐに伸びた川というか灌漑設備も整っているように見えますね。牛に引かせてではなく、動力つきの耕耘機を用いて作業をしている姿が見られたのは珍しいですね。

Ptp1290224
放牧?中の牛さんのグループ。

そして次第に左に大きくカーブを切った列車は進行方向を東にとり、程なく右手広報から真新しいバラストが敷かれたヤンゴン・バゴーとモーラミャイン方面とを結ぶ本線が近づいてくると、分岐駅Satthwarchonに到着です。
当方の一つ前の席に座っていた身なりの良いエリート感を漂わせた男性、途中何人もの職員が挨拶に来たり飲み物が届けられていたので、国鉄MRの幹部だろう、首都ネピドーからモーラミャイン方面への公務出張かなと想像していたところ、この人もこの駅前になにもない分岐駅で下車。駅前にクルマが待っている風でもなく、視察でしょうかね。

Ptp1290274
分岐駅らしい広い構内のSatthwarchon駅に到着しました。

|

« 短絡線の列車に、間に合う。 | トップページ | 今日も無事終了。チャイトーからバスで帰ります。 »

コメント

akiさま、
お陰様で、一日無駄にせずに済みました。なんとかMR各線の時刻がヤンゴンで、ネットでなくても、せめてMR本社あたりで確認できれば、こんな危ない思いをすることもないのですけどねえ・・・

投稿: 落花生。 | 2017年6月25日 (日) 20時31分

おはようございます。エリート感満載の幹部っぽい方、その駅長としての赴任だったのかもしれないですね!(もちろん想像ですが) それにしても、短絡線の列車に間に合ってよかったですね!!

投稿: aki | 2017年6月24日 (土) 06時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65441261

この記事へのトラックバック一覧です: 短絡線の列車に乗ってみる。:

« 短絡線の列車に、間に合う。 | トップページ | 今日も無事終了。チャイトーからバスで帰ります。 »