« ワーダン貨物駅と併用軌道貨物列車。 | トップページ | 乗りづらいですねえ。 »

2017年8月 6日 (日)

夜行バスでお出掛け。

週末、お仕事で呼び出される可能性が無事になくなったことを受け、土曜の夜、身軽な格好となって市内北部のアウンミンガラー・バスターミナルへ移動。今日はここから、あら意外なことに当地着任後10ヶ月にして初めての夜行バスでの出発となりました。
Am20597376_1429207767168230_4788690
今日はこの大阪空港リムジンバスでの出発です。

行き先毎ではなく各社毎に事務所を構えているため、突然バスに乗ろうとフラッと訪れても、目的のバスを探すのが容易ではないこの大ターミナル、特にマイナーな行先の場合はその事務所を探すのも一苦労するのですが、要は事前に旅行会社や電話などでチケットを購入し、その会社の事務所までタクシーなり自家用車なりで乗り付けるという前提になっているのですね。
Amp1290591
Elite, Famousといった大手各社は立派なターミナルビルを持っていますね。

 その中の一つ、シュエ・タエッ社が今回の足。タエッ・ミョー(Thayet Myo:ミョーは自治体の単位。市・街に相当するのでしょうか)といってもごく一部のRBE系の方しかご存じないでしょうね。位置としてはヤンゴン~ピィ~バガン路線沿線のピィ北方、アウンランの対岸あたりに位置する小さな街です。
Amp1290605
左ハンドルのツバメバスですな。

ネットや口コミから得られた情報によると、この駅を通るエーヤワディ川西岸鉄道、北行きはマグウェ地域の州都(?)マグウェの対岸、ミンブまでの列車が運行されており、また南のパヤボーという街までも最近まで列車が運行されていたものの、今は運休になっているということで、確認がてら乗車しに行こうと思い立った次第。
Amp1290588
日本車じゃないけど日本風のこちら。まあお世辞にもセンスいいデザインじゃないですね。

Tyimg_7377
途中の休憩所で一緒だったこちらは本物っぽいですね。

今回のバスは19時発、指示されて乗り込んだのは元の大阪空港リムジンバスの車両で、幸いにも半分以下の乗り具合で隣も空席。どこかまで高速道路で進むかと思いきや、ヤンゴン市内から北西方向、以前支線を乗りに行った際に車で訪れたレッパダン方面への明かりもまばらな国道をひた走っていくルートでした。3時間ほどの後夕食休憩で下ろされて30分ほど停車。その後、ピィで川を渡って西岸に渡りここから更に北上。この辺りから沿道の街毎に数名ずつが下車し、終点のタエッ・ミョーの市街地には3時半頃の到着。抜きつ抜かれつ一緒に走っていた日急バスの夜行バスも、同じこのタエッ・ミョーが終点だったようで、同じ街の中の少し離れた場所で乗客を降ろしていました。
Tyimg_7378
午前3時半のタエッミョーに到着。3輪タクシーが待ち構えており、少々安心したのも正直なところ。

こんな深夜でも、需要があれば供給あり。駅まではかなり距離がある感じだったので少し心配してなくはなかったのですが、バイクタクシーや後部を荷台にした三輪タクシー数台が集まってきて、そのうちの一台でタエッ駅に向かうことにしました。
しかし到着前の車内、「お客さん、どこ行きますかー?(推測)」という車掌の呼びかけに対して、「ブダー(駅)」との声が2人ほど上がったのは驚きでした。当方と同様、この夜行バスから早朝の汽車に乗り継いで、エーヤワディ西岸の町々へ向かう乗り継ぎ客がいたとは。

|

« ワーダン貨物駅と併用軌道貨物列車。 | トップページ | 乗りづらいですねえ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65791517

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行バスでお出掛け。:

« ワーダン貨物駅と併用軌道貨物列車。 | トップページ | 乗りづらいですねえ。 »