« 一時帰国します。 | トップページ | マダヤ支線の旅。 »

2017年9月20日 (水)

ターイゼィ市場駅。

リアルタイムの一時帰国報告を挟んで、先週末日曜日のマンダレー環状線の話を続けます。

このマンダレー・ヒルと名付けられた観光地にもなっている小高い丘を半周する形でグルッと回り込み、右手後方からこの列車が後で向かうマダヤ方面からの線路と合流すると、オーボーに到着。
21558736_1459871924101814_120887002
ターイゼィ駅へ向かう列車は、市場の中を掻き分けて進んで行きます。

ここから南へ一駅、タイーゼィまでの区間は、復乗区間になります。タイーゼィで下車しなければオーボー~タイーゼィ間の運賃は支払い不要、マンダレー~オーボー~マダヤ間の運賃のみでOKとかいう特例があるのかどうか知りませんが。
その、ここからタイーゼィまでの区間の最後、駅に入る前の数百メートルの区間はこの路線のハイライトと言ってもよいでしょう。

21430618_1459872010768472_717681412
売られているのは野菜、果物、魚、肉…

ゆっくりと走る列車の左右には露天を広げる人々がドンドン増えて来て・・・というか、露天の中を掻き分けて走ってますね、この列車。地図上、線路の直ぐ西側に市場があるエリアですが、その周辺の広いスペースである、駅手前の線路上に、多数の露天商が店を広げて市場の延長みたいになっている中を、列車が走っていきます。
これは、あの最早観光地として有名なタイのメークローンの再現とも言えるでしょうか。兎も角、汽車と物売りとの距離が近い!

21432957_1459871977435142_171724756
折り返し。機関車を付け替えて、再度市場に突っ込む準備完了!

環状線の終点?タイーゼィに着いて、マダヤへ向けて再出発するまで20分ほどの折り返し停車時間があるので早速市場側へ足を向けてみますが、もう線路上にはすっかり物売りが復活しており、どの線路を走ってきたかすら俄にわからないような状態となっています。
これは、撮りたい!ですよね。撮り鉄ではない当方でもそう思ってしまいます。しかし、撮ると乗れない。乗ると撮れない。撮った後、ゆっくり通過する列車に飛び乗ろうか・・・ なんて本気で考えちゃうくらいですが、今回はマダヤまで乗り続ける事にしますが、もう一度撮りに来なければならないですね、これは。

21462946_1459872024101804_272537917
歩いて市場まで来てみると、もうどこを走って来たんだか、全然わからないような状態に戻っていました。

|

« 一時帰国します。 | トップページ | マダヤ支線の旅。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65993354

この記事へのトラックバック一覧です: ターイゼィ市場駅。:

« 一時帰国します。 | トップページ | マダヤ支線の旅。 »