« DMUを内から楽しむ♪ | トップページ | マンダレーのステーション・ホテル(トレインビュー) »

2017年9月15日 (金)

DMUとLRBEの終の棲家か。

おっとまた間が空いてしまった。いけませんね。
楽しい時間はあっという間。程なく到着したティンテェインヤン駅は、役目を終えたDMU車の終の棲家なのか、休車・保管場所となっていました。
Ttyp1300135_2
終点ティンテェインヤンに到着。

そしてホンの数ヶ月前まではシュウェボー駅の構内に留置されていた、LRBE編成、72号車と68号車、それに中間付随車のLRBT車両も見られます。
306号DMU編成は以前、モンユワとここを結ぶ運用に入っていた車両と想像されますが、NLD現政権の仕分け?による不採算列車の運行停止の煽りを食らって運休、車両もそのまま運用停止となったと察せられます。もう今後これらの軽車両が再度運用に入る可能性は、無いんでしょうね、やっぱり。
Ttyp1300123
役目を終えた3両編成のDMU編成。

国道からは結構な距離があり、バスルートから離れたため一定の列車の需要があると思われるこの街を後ろ髪を引かれながら(同行者がホントに髪を切ったりしましたが)、先回りさせておいた借上車で今日のお宿、マンダレーへ向かいました。
Ttyp1300128
旧塗装?のLRBEとLRBT客車も。

Ttyp1300124
これは最近までKhin-Uに留置されていたものでしょうか?

|

« DMUを内から楽しむ♪ | トップページ | マンダレーのステーション・ホテル(トレインビュー) »

コメント

ありがとうございます。
驚きました。Khin-UにいたDMU306+DMU306T(1)が来て、以前から置いてあったDMU305+DMU306T(2)が居なくなったようですね!
DMU305の行方が気になります。

投稿: RBE迷 | 2017年11月10日 (金) 10時13分

迷さま、
私はあまり車番取りをしないので網羅しておらず申し訳ないのですが、この日この駅に留置されていたDMU車両を数えてみましたところ、DMU306号車を含めて5両だったようです。Khin-Uの留置車両は無くなっていましたね。
ちょっとピントがあっておらず更に申し訳ないのですが、306号車の写真を追加しておきます。

投稿: 落花生。 | 2017年11月10日 (金) 00時48分

こんばんは。
たくさんのアップロードありがとうございます。

Khin-Uに留置されていたDMU306+DMU306T(1)もこの駅に移動済でしょうか?

DMU306が走っていた頃からこの駅に留置されていたのはDMU305+DMU306T(2) DMU302(T)+DMU305T(A)+DMU305T(B)の5両です。

投稿: RBE迷 | 2017年11月 8日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65991405

この記事へのトラックバック一覧です: DMUとLRBEの終の棲家か。:

« DMUを内から楽しむ♪ | トップページ | マンダレーのステーション・ホテル(トレインビュー) »