« マグウェ車庫にお邪魔。 | トップページ | 仕事帰りに夜行寝台列車に飛び乗る幸せ。 »

2017年9月 6日 (水)

帰路は夜行バス。そしてこの辺の取り敢えずのまとめ。

今晩のヤンゴンへの帰路は、カイン・マンダレー社の夜行バス(20:30発)。料金は10,500Ksの一般車両(3人掛けのVIP車はこのヤンゴン~マグウェ路線には走っていません)ですが、毛布、水、おしぼり、スポンサーなのかエナジードリンク、そして歯ブラシまでがサービスされ、ちょっと変わった抑揚でアナウンスする女性の車掌さんがニコニコしながら配ってくれました。
Mgimg_8025
残念ながら日本の中古バスではありませんが、乗る方はこちらの方が快適?

当方の座席は後部の非常口横というあまり居心地のよくない席でしたが、他の座席には足下に電源プラグまで設置された座席間隔もゆったり、快適仕様のマレーシア製かと思しきSCANIA車は定時に出発、途中ネピドーから高速道路に入り、途中一回の休憩を経て、朝4時50分頃に無事にヤンゴンのアウンミンガラー・バスターミナルに到着しました。8時間20分ほどですね。
大勢のタクシーの客引きが寄って来ましたが、UBERアプリでクルマが見つかったので、折角なのでそれで帰宅することにしました。交渉タクシーより3割くらいお安い印象で。

1708062_tymmnb_mnl_mgwayy_2
前回と今回のマグウェ周辺で収集・確認した、この付近の列車の時刻表を取りまとめてみました。ご参考になれば幸い。MK1・MK4は平日大学開校日のみの運行です。
但し本文にありますように、この時間どおりに走っているとは限りませんが。

|

« マグウェ車庫にお邪魔。 | トップページ | 仕事帰りに夜行寝台列車に飛び乗る幸せ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/65832619

この記事へのトラックバック一覧です: 帰路は夜行バス。そしてこの辺の取り敢えずのまとめ。:

« マグウェ車庫にお邪魔。 | トップページ | 仕事帰りに夜行寝台列車に飛び乗る幸せ。 »