« マダヤ支線の旅。 | トップページ | LCC脱皮!のGolden Myanmar Airlines »

2017年9月23日 (土)

マンダレー空港へ。

マンダレーからの帰り道は、クルマでおよそ1時間と随分街外れに造られた新空港から。駅に屯していたタクシーに聞いてみると、25,000チャット(約18.5ドル)と結構なお値段を仰るので、念のためお泊り先の“駅上”ホテルに聞いてみると、16,000チャットでクルマを出すというので勿論こちらにお願い。

Mimg_8302
ShweNanSanは漢字表記で順南山と書くのですね。Shweは「金」の意味ですが。

冷房のよく効いたハイエースで無事に空港に運ばれてみましたら、
なんとマンダレー空港には、市内行きのリムジンバスの運行があるのですね。知りませんでした。使用車両はHyundai CountyというToyota Coasterクラスのマイクロバス、各便接続の出発で市内まで4,000チャット(一部の看板には外国人は4ドルだとか、5,000チャットだとか書かれていたりしますが。)。市内中心部のホテルだったらそのまま連れて行ってくれるそうで、逆に空港に向かう時はどうすれば良いかと問えば、電話してくれればホテルに迎えに来てくれる由。
まあ、それは言葉の通じない外国人には若干ハードルが高いですが、時間に余裕がある時は、ホテルの人に頼んで呼んで貰うのも良いですね。
Mimg_8308
空港のカウンターはこちら。1時間おきではなく、到着便接続ですが、夜9時まではあるということですね。

|

« マダヤ支線の旅。 | トップページ | LCC脱皮!のGolden Myanmar Airlines »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/66023932

この記事へのトラックバック一覧です: マンダレー空港へ。:

« マダヤ支線の旅。 | トップページ | LCC脱皮!のGolden Myanmar Airlines »