« 短い冬休みへ。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

2017年12月31日 (日)

久々の泰緬鉄道(1)

明けて年末大晦日。今日は日曜だけれど、週末運行の観光列車は動いていないということなので、朝10時半発の定期列車ナムトク行きに乗ることにします。定期の全車3等の普通列車ではあるのですが、朝夕の列車に比べると停車駅の少ない快速運転のこの列車には、2両の「特別車両」が連結されていて、タイ人B100、外国人B300で乗ることが出来ます。
Kp1310248
賑わう大晦日の朝のカンチャナブリー駅。

一般車両であれば、タイ人は無料、なのかな。外国人は一律B100とのことなので外国人特別車両は1,000円超えと随分御高めですが、どんな車両・どんなサービスなのか楽しみにして、今回はこちらを選択。
Sp1310280
バンコク・トンブリからの遅れの定期普通列車が到着。

窓口でB300のチケットを購入、特別車両のカウンターで座席指定と旨に付けるステッカーを貰って駅構内に入ると、5両の客車が停車中で、前方の2両には「ロット・ピセート(特別車両)」のサボが付けられた、ただの三等客車。なーんだ、これですかい。車内に入ると、他の車両との違いは、座席に座布団が置いてあるのと、ボックスシートの間に着脱式のテーブルが置かれ、食事が提供されるらしいことくらい。まあ、こちらに期待してみましょうか。

Sp1310272
「特別車両」の車内。座布団とテーブルが目立ちます。

10:35の定刻を過ぎてようやく「間もなく到着」のアナウンスが流れ、その後出発時刻を20分ほど過ぎて到着した列車は、留置していた増結車5両を前方に繋ぐための入れ替え作業も行い、結局25分ほどの遅れとなってようやく出発。特別車両の車内は日本人の家族連れが2組と、あとはちらほら。この時点では一般車も座席がサラリと埋まる程度の心地よい乗り具合です。
Kp1310269
サボには「特別車両(ロット・ピセート)」と書かれていますが、外観は普通の3等車と変わらないですね。

|

« 短い冬休みへ。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の泰緬鉄道(1):

« 短い冬休みへ。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »