« タンピュザヤへ。 | トップページ | 鉄道模型計画 ミャンマー編 その8. »

2017年12月 5日 (火)

モーラミャイン旧駅跡訪問。

タンビュザヤから帰路巨大な寝仏などに寄り道しながらモーラミャインに戻り、一箇所立ち寄りたかったのは、こちら。先に書いたティンルィン橋が完成して南北に分断されていた鉄道が繋がった際、旧南側路線の終点だったモーラミャインの旧駅です。線路はモーラミャイン市街地の南方でこの旧線から分岐して、市街地の東側を大きく迂回し、その新線上にモーラミャイン新駅が設置され、列車はこちらを発着するようになりました。
Mp1310092
モーラミャイン旧駅跡。今回はこの車をレンタルして周りました。

Mp1310093
その後も旧駅は貨物輸送に用いられているのを目撃したというネット記事もあるのですが、当方訪問時においては既にその形跡はなく、駅構内は草生して、放置された車両達も次第に自然に帰りつつありました。ホームには駅舎の他に仮設住居が設置され、暮らしているらしい方もいらっしゃいます。会釈をすると穏やかな敵意のない反応が返ってきたので、駅構内を少し散策させて貰いました。
Mp1310087
ホーム側にはまだ線路が残っているのが見えますね。

Mp1310090
LRBTや、貨車などが放置されていますね。

Mp1310086
モーラミャインからの帰路は、14時発のマンダラー・ミン社のバスを予約済。こちらヤンゴンまで急行列車より速い7時間ほどで走るそうで、料金は1万チャットだから、列車の一等の倍ですね。とはいえ900円もしないのだから、交通機関は安いです。この国。(除く:国内線航空料金)

Mp1310103
市内中心部の各社の事務所が集まったバスターミナルで待っていたのは、後輪が二軸の中国製の大型車。車内は1-2の座席配置のビジネスクラス使用で“VIP”の名に恥じない車両でした。シートテレビもきちんと稼働しており、ハリウッド映画や、よく判らないゲームなどを楽しむことが出来ました。

Mimg_0260

途中約3時間、チャイトーを過ぎたあたりで30分ほどの夕食休憩を取った後、21時前にはヤンゴンにちゃんと帰り着くことが出来ました。これでは列車に乗り通す人もいないよなあ…

|

« タンピュザヤへ。 | トップページ | 鉄道模型計画 ミャンマー編 その8. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/66217522

この記事へのトラックバック一覧です: モーラミャイン旧駅跡訪問。:

« タンピュザヤへ。 | トップページ | 鉄道模型計画 ミャンマー編 その8. »