« 鉄道模型計画 ミャンマー編 その9. | トップページ | 鉄道模型計画 ミャンマー編 その11. »

2017年12月11日 (月)

鉄道模型計画 ミャンマー編 その10.

キハ47 JR東海仕様 難易度★★

”その2”の写真の後ろの方を見て、あれっ?と思われた方がごく少数いらっしゃるようで。
当地ではキハ40・48と併結して環状線運用に入る東海色の他、マンダレーを起点とした都市間運用等に入っていた四国色、最近ではMR標準のツートーンに塗り替えられたものなど、各色での活躍が見られます。
この近郊型DCのキハ47、Bトレでは製品化されていないのでどうしようかな、と思いながら、ネットで見つけた改造案を試行。
B47img_0321
ヤンゴン環状線の、都心部を脱した周辺部区間、というイメージで。

別の作業用にジャンクで入手したNゲージ・フルサイズの北海道向けのキハ48の正面部分と屋根(ベンチレーター削り)、それに113系電車(!)のクハの側板を組み合わせ、東海色に塗ってみました。既出のキハ40/48と連結して環状線を再現してみましょうね。

B47img_7547
スカ色のボディを、IPAで色落として、ドア下削って、プラ板でステップつけて、靴摺をつけて、前面と側板との接合を考えて切り落として・・・

そして言われなければ3扉の近郊型電車のボディが2扉の気動車に化けたとは判らないかと一人で悦に入り。ここはBトレの妙味ですね。雰囲気出てるでしょうか?

B47img_7726
うん。こうなると、結構それっぽく見えて来る(自画自賛)。

|

« 鉄道模型計画 ミャンマー編 その9. | トップページ | 鉄道模型計画 ミャンマー編 その11. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/66139038

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型計画 ミャンマー編 その10.:

« 鉄道模型計画 ミャンマー編 その9. | トップページ | 鉄道模型計画 ミャンマー編 その11. »