« ヤンゴン空港バス、運行開始!(1) | トップページ | 雨季旅行(その1・はじまり) »

2018年6月28日 (木)

ヤンゴン空港バス、運行開始!(2)

ヤンゴン駅北口の乗り場は、駅舎を出ると左前方に出発を待つ78番、93番、94番といった新しいYBS路線バス車両がありますが、そこからは少しだけ離れた右手側。左手のカバエー・パヤー・ランから右折して北口側に入ってきたバスは、そのまま右手に走り抜け、中州のような場所に設けられたガソリンスタンドを左手に巻く形でUターンし、アウンサン・インドア・スタジアムの横の改装中のビルの前で一旦停車。案内標識も何もありませんが、ここがヤンゴン駅前のバス停のようです。

Bimg_4406
さ、乗りましょう。出発です。

運賃は500チャットですが、お釣りは出ない模様。1,000チャット札しか持っていなかった先客が振り返り、当方の500チャット札を取り上げ、自分の1,000チャットを運賃箱に投入するという自助の精神が必要です。

Bimg_4339
料金箱。お釣りが出る気配は全くありません。


車内は夕方の帰宅ラッシュ帯ではありますが、先述の運賃の高さもあってかなり空席が目立ちます… だったのですが、途中の停留所から乗り込んでくる乗客もそこそこ。その殆ど全員が空港以前に下車して行ってしまったので、他の一般YBSバスが結構な立ち客も多い混雑な中、快適着席通勤ライナー的に使っている人もいるようです。

Bimg_4407

夕ラッシュ時とは思えない、閑散とした車内。この後、それなりに乗って来ましたが。

冷房の利き過ぎた車内は、案内放送もなく、運転席の上部に設けられたLED情報画面でも、Omni Focusの会社名と同じミャンマー語の文章を流し続けるだけで、次停留所案内などは一切ないようです。

途中、停車するバスが溜まっている停留所は、そのまま回り込んで通過してしまうという快速運転の成果もあってか、空港まではちょうど1時間での到着でした。新聞やネットでは「1時間半くらいかかる」等と書かれていたので、今日はスムーズに行ったのでしょう。

Bimg_4416

国際線第1ターミナルの停留所。案内板等、一切ありません。

ヤンゴン空港では、先ず国際線の第1ターミナル。新設された停留所は、このターミナルからの出発旅客が空港に到着してタクシーを降りるあたり、建物の北東端の、クルマやタクシーが入る車線を越えた外側にあります。このターミナルに国際線で到着した場合、建物出口を出てタクシーの客引きのあたりから、左手に200mくらい歩いた先の道を渡った右手側という位置関係。

空港発のバスはここが始発点となっているようで、停留所にはドアを開けた先発車の後ろに2台ほどのバスが並んで出発を待っていました。

しかしながら、バス停には停留所ポールも時刻表もポスターも、案内標記の一つもありません。国際線で到着した乗客は、知っていなければこのバス停に辿り着くのは難しいのではないでしょうかね。

Bimg_4412
国内線の第3ターミナルに到着。こちらも、案内や時刻表など一切なし。
 

降りないの?と運転手に聞かれたので、「第3に行きたいの」というと、バスはそのまま前進して、第2ターミナル前を通過して第3ターミナルへ。こちらも、第3ターミナルの到着出口から建物を出て左手前方、道を渡った反対側から階段・スロープで下に降りたところに停留所があるのですが、ターミナルの到着旅客導線にも、バス停に降りる階段のところにも、バス停の案内は一切出ていません。バス停にも路線図も時刻表も、始発終発の時刻も、何も掲示されていませんし、第1ターミナルと異なりバスが常に停まっているわけではないので、バス停である事を示すものも何もありません。

Bimg_4414
第3ターミナル到着出口から建物を出て、左手に少し歩いたところに、バス停への階段・スロープが。案内看板が設けられる予定?な板がぶら下がってますが、何も書かれていない真っ白な状態。


どうやらやる気がないを通り越して、案内を出来ない事情があるんじゃないかと勘ぐらざるを得ません。考えられるのは既得権を持つタクシーの会社なり組合なりが、空港への路線バスの乗り入れに反対してきたということなのでしょうかねえ。

 

 

 

|

« ヤンゴン空港バス、運行開始!(1) | トップページ | 雨季旅行(その1・はじまり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/66880254

この記事へのトラックバック一覧です: ヤンゴン空港バス、運行開始!(2):

« ヤンゴン空港バス、運行開始!(1) | トップページ | 雨季旅行(その1・はじまり) »