« 出張終わり。眠い。 | トップページ | 雨季まっただ中のエーヤワディーへ。(その2:未明のチャンギンにて。) »

2018年9月 1日 (土)

雨季まっただ中のエーヤワディーへ。(その1:日本中古の夜行バスで)。

雨季だというのに週末仕事が続き、全然お出掛けできなかった8月が終わり、土曜夜、久しぶりのお出掛け。

Simg_5393
今日のお出かけはこちらの新交佐渡車にて。

目的地はヤンゴンから見て北西~西側に位置するエーヤワディー地域で、この方面へのバスは市内北東部のメインのターミナルになるアウンミンガラーからではなく、北西部ラインタヤー地区にあるダゴンエヤー・バスターミナルからの出発。最近長距離バスに乗る時は、3列シートのVIP優等車や、4人掛けでも新しい中国製の新車を使った便の利用が多かったのですが、今日は久しぶりに日本中古の4人掛け、ローカル夜行バスでの旅立ちとなりました。前にやはりエーヤワディー西岸のタエッミョー行きの大阪空港リムジンバスに乗った時以来かも。

40591918_1853159504773052_718861307
補助席まで満席の車内。予約しといてよかった。

今日乗るのは夜19時発、アウン・チョー・モー社の新潟交通佐渡車、三菱のエアロバス・クィーンバージョンというクルマ。お顔を見て「エアロクィーン」かと思っていたら、それはスーパーハイデッカー車につけられた愛称で、一般のハイデッカー車は、マイナーチェンジして顔だけエアロクィーンに似せたバージョンなのだそうです。詳しい方に教えていただきました。

40512923_1853159468106389_779145018
荷物を運ぶのはデフォですが、卵を2,3千個積み込んでいましたね。

その今回の目的地チャンギン行きのバス、どうやら補助席まで満席です。昨日のうちに電話して予約しておいてよかった。バスの周りを放牧?の牛が歩き回る、少々ローカル感の強いターミナルで、事務所の前の駐車スペースも、綺麗にしている社と泥濘みだらけの社とあり、このエリアは“あまり治安の良い地域ではない”という人もおられます。明るいうちにターミナルに着いて出発を待つ、夜遅くこのターミナルに戻ってきた時には、要注意ですね。市内方面へはピィ・ランからシュエゴンダイン・ランを通ってダウンタウンへ向かう20番のYBSバスが便利です。

40543662_1853159491439720_418588423
こんなチケットでした。夜行バス、500円。

バスは定刻を15分ほど遅れて出発しましたが、走り出した道の状態が悪く、右に左にハンドルを切って穴を除けつつ走るので、一行にスピードが出せません。ヒンタダ、パテインといったエーヤワディー地域の中心都市へと向かう幹線道路なのですが、雨季の間に水を被ってここまで痛んでいるとは驚き。ちょっと明朝の到着時刻が気になります。

|

« 出張終わり。眠い。 | トップページ | 雨季まっただ中のエーヤワディーへ。(その2:未明のチャンギンにて。) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/67138916

この記事へのトラックバック一覧です: 雨季まっただ中のエーヤワディーへ。(その1:日本中古の夜行バスで)。:

« 出張終わり。眠い。 | トップページ | 雨季まっただ中のエーヤワディーへ。(その2:未明のチャンギンにて。) »