« (線路は生きている)休止駅にて。 | トップページ | 落穂拾い@ピィその2。 »

2018年10月22日 (月)

チャンギン・セメント工場訪問。

さて間を置かずして再訪のチャンギン、今回はこのチャンギン・セメント工場の見学の許可が下りたため、堂々とお邪魔させて戴きます。

44356025_1914590098629992_633390674
事務所での説明の後、早速ヤードにお邪魔します。

このセメント工場は、1970年代後半~80年代前半にかけて日本の借款で近代化・生産量増強のための改良工事がなされ、国内市場の過半を占める時期もあった国内有数のセメント工場です。そのセメント製造に使用する石灰石の切り出し場から工場へ、そして工場で製造したセメント袋を積み出すためのエーヤワディ川の河川港までを結ぶ全長約20kmの専用線が、1982年に政府間のE/N、OECF(当時)とのL/A署名・調印された25.8億円の円借款で電化され、電気機関車4両と47両の貨車や施設設備が調達・設置された案件です。工事は1986年に完成し電気機関車による運行体制、計画によると6~8往復/日、1,600t/日程度の輸送が計画されていたとのこと。

44368402_1914589901963345_762931661
川崎・三菱の銘板が貼られたトップナンバーのED501号機。

更に、ヤンゴン環状線の電化計画があったため、この電化鉄道をパイロット事業として、そこで得られた電化鉄道運営ノウハウを、環状線電化時に活用しようという意向もあった模様(結果的にはMRは電化計画を進めず、この鉄道の知見は活用されなかったわけですが)。

44407346_1914589978630004_750470926
こちらは社屋近くに停められていたED504号機。

2001年の事後評価報告書がネットに上がっていたので見てみると、1991年に4両のうち1両が事故破損して以降、電機は製品輸送には用いられずこちらの路線ではDLを使用、採石場~工場間の輸送に電機は用いられることになったとのこと。

44423749_1914589878630014_268512765
綺麗な状態の501号機と502号機。事故廃車となったのは、503号機ですね。

それでも専用線と工場自体はごく最近まで元気に稼働していたようなのですが、残念ながらNLD現政権の"事業仕分け"で昨2017年に他の23箇所の不採算国営工場と共に操業停止の憂き目に遭い、908人を数えるという職員は日々メンテナンスと清掃に励まざるを得ない状態になってしまったそうです。

44358187_1914590071963328_451515676

ロッド式と普通のタイプの2種類ある9両のDLには、協三と川崎の銘板が。

Pp1350914

説明してくれた工場の方によると、民間からの投資が得られれば操業再開の可能性がある事に期待している、とのことで、今は職を失った(休職中?の)各機関車も大変綺麗に整備されていました。が、沢山の鉱石ナベトロや貨車を引いて走行する姿を見られなかったのは残念でした。

44395290_1914590005296668_358907053

ということは、2年前の私が当地に着任したばかりの時期は、まだ動いていたということですよね。かえすがえす残念でなりません。

Pp1350934
運転事務所は並みの一般鉄道よりも立派に見えますね。

工場本体の見学終了後、国鉄MRチャンギン駅の南東側に位置する、イラワジ川の河川港埠頭の積み出し施設もお邪魔してみたのですが、こちら、乾季には川の水位が下がり船が施設に横付けできないため、貨車から降ろしたセメント袋をベルトコンベアーでそのまま船積みできず、鉄道で運ばれてきた荷を一旦トラックに積み直し、河床を走って船の近くまで運ぶという二度手間を強いられていたとのこと。自然現象とは言え、なかなか厳しい操業環境ですね。

Pp1350945
鉄道だけじゃなくて、工場内も案内していただきました。日本に短期研修で行っており、片言の日本語を話す職員の方も。

Pp1350974
右が電化専用線、左がチャンギンとタエッとを結ぶ国鉄MR線(旅客営業休止中)。

Pp1350966
市内を埠頭へ向けて走る専用線。 まだすぐに使えそう。

Pp1350956
エーヤワディ河畔の積み出し設備。


|

« (線路は生きている)休止駅にて。 | トップページ | 落穂拾い@ピィその2。 »

コメント

マッキーさま、
お返事遅くなり失礼しました。
無事のミャンマーご旅行、何よりです。次回は今回訪問できなかった所も含めて是非また御再訪下さい。
拙ブログも少しでもお役に立てれば幸いです。

投稿: 落花生。 | 2018年12月26日 (水) 11時01分

調査お疲れ様です。
あまり見たことのない凸電?ですね。パンタを載せるためのひさしが魅力的。
さて、先週ミャンマーに行ってまいりました。LRBEは見ることができませんでしたが、マダヤ支線の貨車改造?列車撮影や、バコーで近畿車輛が1950年代に納めた巡察車を撮影できて満足でした。でも中も見たかった。
食事、町も素晴らしかったですが、次は何時行けることやら…
それまでは貴ブログで欲求を抑えておきます。これからも楽しい記事をお願いします。

投稿: マッキー | 2018年12月 3日 (月) 23時58分

おっと、単行か重連か聞きそびれてしまいました。
どんな感じだったのか、気になります。

投稿: 落花生。 | 2018年12月 3日 (月) 15時53分

見学お疲れ様でした。
工場~港のDLというのはこんな入換動車のようなDBが重連で引っ張っていたのでしょうか。
港への線路は国鉄線との平面クロスしているようなのでどんな感じだったのか見てみたかったです。

投稿: RBEmania | 2018年11月30日 (金) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/67434838

この記事へのトラックバック一覧です: チャンギン・セメント工場訪問。:

« (線路は生きている)休止駅にて。 | トップページ | 落穂拾い@ピィその2。 »