« タラウォー支線、再訪。 | トップページ | ミャンマー最終日。 »

2019年1月29日 (火)

ラカイン再訪、そして完乗。

離任まで残すところ半月余り、乾季ということで週末の行事が多く、自由になる時間がなかなかないのですが、この日曜の仕事が昼頃には終わるということが判り、早速月曜有給取ることにして、昨日日曜夕刻16時発のUB201便、Embraer190型ジェット機でシットウェに飛んできました。

 

Cimg_4347_3
夕暮れ時のシットウェ空港に到着。ジェット機は速いです。

 

当方がこの地域を訪問するのは、前回、昨年4月に続いて2回目ですが、ご存知のとおりのラカイン情勢、引き続きあまり芳しい状況にはありません。

 

50906920_2053841774704823_318896169
シットウェ市内の始発駅ピードーター。この付近は何ら問題ない地域ですが、運転関係者氏曰く、RBE5015以外は壊れて動かないんだよ、との心配なご説明。

 

 

 

暫く前にAA(アラカン軍)による警察施設襲撃事件が発生したこともあり、外国人の立ち入りが制限されていないか念のため確認したのですが、取り敢えずシットウェ~ミャウーの観光ルート上は、TA要取得といった状況にはない模様。

 

Cimg_4407
市内外れの岬のレストランで、当地在勤の国連機関勤務の友人と晩御飯。

 

 

 

とはいえ、これも極めて流動的な状況下にある地域であり、いつ何が起こっても不思議ではない地域ではあります。

 

51246671_2053841401371527_464148647
明けて月曜朝、クァンタウンからポナンジュンへと向かう、併用橋を進む松浦鉄道車。

 

 

 

本稿でも、この地域への不急不要の渡航を薦めるものではなく、それでも強く希望して現地に赴かれる方におかれては、現地の状況に通じた案内人と運転手を確保し、警察や鉄道当局者には常に状況を確認しつつ、少しでも状況の悪化が見られる場合には、直ちに身の安全を確保できるような準備をした上での往訪としていただければと思います。
Cp1370456 
ポナンジュンから北上して暫くの区間では、キスパナディ川に沿って走ります。

 

50827923_2053841488038185_818401912
カナンタウン~チャウトー間の運転が再開され、運転本数も2往復に元どおり。途中駅ヨタヨークでの列車交換も復活です。

 

特に、キハ52などの列車を撮影しようとされる方におかれては、望遠レンズや三脚が武器と誤認される可能性すらありますし、撮影されたくないと考える住民や当局者も沿線には多いエリアです。撮影に際しては、当局者の許可を都度得つつ、念には念を入れた対応をお願いします。

 

Cp1370516
不思議な丸い物体は、藁を纏めたもののようです。

 

前置きが長くなりましたが、今回の渡航の目的は、前回訪問時には運行休止中だった“ラカイン北線”の北半分、カナンタウン~チャウトー間の運行が再開されたため、新たにこの区間が“乗り残し”となってしまったためで、ここを乗らずに離任するのは寝つきが悪くて困るわけです。

 

 

 

Cp1370515
カナンタウン~アパウクワ間は、運転再開区間でも幹線道路から離れているため、結構な乗客が待ち受けていました。

 

その再開区間にシットウェ市内のホテルをまだ薄暗い時間帯に出発、車を飛ばして訪問してみれば、再開したとはいえ、路盤状態は酷く、そこかしこで徐行を余儀なくされ、崩れ掛かった小さなコンクリート橋の横には枕木を組み上げただけの「ここは軍用鉄道かっ」と言いたくなるような応急処置の区間がいくつもあったりという、いつまた運行が止まってもおかしくない状態でした。

 

Cp1370519
ノンビリと牛が渡っていくのを、徐行しながら待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

Cp1370524_3
こんな感じの応急修理?しただけの箇所が何か所も。築堤の浸食も激しく、キチンとした手を打っておかないと、早晩事故が起こるか走行不可能になると素人目にも思われます。

 

 

 

Cp1370533
もう一か所の併用橋は終点チャウトーの少し手前に。

 

 

 

それでもなんとか無事に終点チャウトーに到着、晴れて(多分)日本人2人目となる(笑)ミャンマー鉄道完乗となり、ようやくホッとしました。前にエセ完乗宣言してしまったこともあり。

 

 

 

 

 

50728458_2053841504704850_114578987
無事に終点チャウトーに到着。これで晴れてミャンマー国鉄MR、完乗です。

 

 

 

Cp1370546
折り返し運転の前に、ドラム缶から給油中。

 

そして最後シットウェに戻ってのフライトまでの空き時間に、ちょうどゾーブージャに向けて出発していく“南線”のキハ52を見送ることが出来ました。この際も、この道は立入制限がある、ここから先はベンガリーの村だから行けない、などと色々一緒に考えてくれる運転手さんに素直に従いました。

 

50870290_2053841658038168_768940414

 

 

 

50992436_2053841698038164_136475310

 

 

 

 

 

50813575_2053841751371492_110298442
最後にキハ52の元気な姿を見ることが出来てよかったです。撮影はまだまだ自由には出来ませんが、これからも頑張って走り続けて欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 3月下旬現在、この地域の状況が再び悪化しているようです。

3月に入り、ラカイン州シットウェ近くでアラカン軍(AA)と当局との衝突が断続的に発生しており、結構な数の死者も出ていると報道されています。
それら諸々の報道によりますと、ポナンジュン、ヨタヨーク、チャウトーといった、このラカイン鉄道沿線の街の名前も出てきています。

外務省の安全情報では、シットウェ県・ミャウー県の危険度は引き続き「2」に留め置かれていますが、それとは別にこの地域に「スポット情報」も発出されています。

キハ52型の定期運用などでその筋の皆様の関心の高い地域ですが、現在この地域への趣味目的での渡航は控えることが望ましいと考えられます。
引き続き最新情報に十分留意してください。

|

« タラウォー支線、再訪。 | トップページ | ミャンマー最終日。 »

コメント

ありがとうございます。対向列車も2559単行でしたか。道路から離れた区間がある強みで今後も頑張ってもらいたいです。

投稿: RBE迷 | 2019年2月26日 (火) 11時55分

RBE迷さま、
そうなんです。2運用の列車、いずれも単行(2552と2559)になってしまい、お陰でそこそこの乗車率になっていました。

投稿: 落花生。 | 2019年2月25日 (月) 23時23分

お疲れ様でした。
今時1日2往復もあるのは珍しいですが乗られた列車は1両編成になってしまっていますね。ヨタヨークの対向列車は2両編成でしょうか?

投稿: RBE迷 | 2019年2月25日 (月) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラカイン再訪、そして完乗。:

« タラウォー支線、再訪。 | トップページ | ミャンマー最終日。 »